kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

Cycling

Hello, brand new my bike! #giant #contend sl1 . 自転車アップデートに向け、お勉強と物色。そして、決めました! #giant #contend . 夏の江の島ライド [93km] . 初輪行&最長距離達成 [100km] . 初輪行に向けて、輪行袋パッキングの練習 . 自転車サドル交換でよりスマートになりました . 2013年新年初乗り [48km] . 自転車タイヤ交換 . 銀座〜代官山サイクリング[30km]と、代官山蔦屋 T-site . 田園調布から川崎までゆったりポタリング [15km] .

Hello, brand new my bike! #giant #contend sl1

はい。納車頂いてまいりました。

最終的には、

  • 正規ショップが近くにある
  • 色が気に入った
  • 似た車種に試乗して気持ち良かった
  • そして、コスパ

あたりの条件から、GIANTの「Contend SL 1 / 2017」に決めました。2018年モデルの発表がちょうど8月末だったのでそれを待って、2018年の新色より2017年モデルの方が好み、というのを確認して、決めました。待った・悩んだ甲斐あって、運よく、型落ちということで10%割引してもらえました。ラッキー(^^)

前のEscape R3は、チェーン回りが相当へたっていたということはありますが、販売店からの初のライドは相当気持ち良く走れました。


にしても、新車は美しいなー

しばらくは玄関に置いておいて、正式な置き場所は徐々に決めていきたいと考えています。

自転車アップデートに向け、お勉強と物色。そして、決めました! #giant #contend

2006年1月に購入し、通勤メインで愛用していたらEscape R3。買った際に自転車屋さんに「フレームは10年以上、十分使えますよ」と言われていましたが、気づけばもう10年以上。実はぼちぼちガタも来ていました。

  • ギアのかみ合わせが悪くなってきており、特定のギアではトルクを掛けると、歯飛びが起こる。これが坂道やスピードを出したいときにすごく辛い。あまりに手入れもしていなかったせいもあるかも
  • 特に後ろのタイヤのホイールはリムの部分がブレーキバッドで結構すれており、そろそろ交換が必要なレベル
  • シートポストはそろそろ経年劣化で、ポキンと来てもおかしくなさそう

もろもろ交換したら、もちろんピンきりではあるものの、5-6万は掛かりそう。となると、10年大事に乗りましたし、新車に乗り換えるというのも考えざるを得ないというもの。また、タイミング良く(?)、今年に入って会社の同僚の自転車乗りと一緒にツーリングする機会ができたこともあり、もう少し速そうな自転車が欲しくなるというもの。。そんな感じで、自転車を物色はじめました。

私の自転車の使い方は9割通勤(往復9キロくらい)、1割は週末の中距離の都心でのサイクリング。そしてごくたまに50-100kmくらいのサイクリング、そういった感じです。まずチェックしたのは現在のクロスバイクのアップデートです。

はじめにY's roadで相談した際に、「通勤でしたらやはりクロスがいいですよ」という話もありました。クロスバイクは通常MTB系の部品が使われますが、そこをロードバイク用のものを使った軽快な「フラットロード」というジャンルがあるそうで、それをオススメされました。そこで比較したのが、以下。

  • GIANT Escape RX1
  • Bianchi ROMA2
  • TREK FX S 4
  • SPECIALIZED Sirrus Comp City
  • KhodaaBloom RAIL 700SL

自転車選んでいるといろいろ分かってきますね。基本ギアなどのパーツは、Shimanoが半分以上の寡占化状態なので、Shimanoのパーツを見れば、その自転車のグレードが分かってきます。そこにフレームがアルミアルミ+カーボン、フルカーボンとステップアップ。さらに、イタリアなど欧州のブランドはブランド料金が+2万程度のる、といった価格構造。カタログスペックの見方なんかも分かってきました。

また、意外だったのは、思った以上に自転車メーカーは数が多いこと。一方で、日本やアジアのメーカーは少ないというのも面白いですね。いかにも日本とか強そうな分野なのですが、、自転車は通り越してバイクや自動車にいったんですかね。

だいたい商品ラインナップが分かってくると、

  • 好きメーカー/ブランド
  • お財布にあった価格帯/Shimanoのパーツ・グレード(私に違いがわかるかは不明..)
  • そして気に入る色

あたりで、選べばいいと分かってきました。また、それに加えて、自分は前回の購入経験(プロテックさん)も踏まえ、購入後のメンテナンスのサービスなんかも検討材料に入れつつ比較したく、都内にいくつかあったメーカー直営店を回ることにしました。そこで回ったのが、GIANT, Bianchi, TREK, SPECIALIZEDです。

初めに訪れたGIANT目黒店で試乗が可能だったので、幾つか気になった車種に試乗されてもらうことにしました。

クロスバイクのEscape R3。これは今乗っているものなので10年でどれだけ変わったのか?の確認。そして、 RX3。目当てのRX1からはグレードは落ちますが、よりスポーツ性を高めたクロス(フラットバーロード)です。そして、通勤の悪路にもOKそうなAnyroad 3と、ロードバイクのContend SL Disc 1。実は、ドロップハンドルにも多少憧れがあったのです〜 この試乗で、ちょっとロードバイクに対する印象が変わりました。Contend SL Disc 1が、車体のサイズはあっておらず本調子ではなかったものの、圧倒的に良かったのです!! それに引き換えRX3は、あれ? 今のEscape R3の方がよくねぇ? って感じ。俄然ロードバイクに興味が向いてきました。

その後は、結局、店舗を回っていても、ついつい「ロードバイク」を探してしましました。 なかでも特に、SPECIALIZEDの2018年モデルの ALLEZ ELITEはすごく良さげでした。SPECIALIZED新宿店では、店長さんからお話を聞けたのですが、自転車への愛なんかも感じ、おかしな話ですが「一緒に乗りに行きたい!」って思えるほど。そして、その方は、なんとあの「NHK チャリダー」の「竹谷さん」の自転車のメンテナンスもされているとのこと。俄然心が揺れます。幾つか直営店、自転車店を回りましたが、自転車は趣味のものなので、店員さんの愛を感じる機会も多かったです。相談を持ちかけると、数十分話し込んでしまうこともしばしば。 一方、普通の接客をされると、逆にゲンナリ。「この人、本当に自転車乗ってんのかな?」なんて思っちゃいました笑

ロードバイクで比較したのは主に以下

で、3週間ほど店舗回りなどして迷ったのですが、、、

いよいよ決めました。最終的に選んだは GIANT Content SL 1/2017年/マットブルーです。

決め手は

  • 気に入る色があった。マットブルー!
  • Contendというシリーズも初心者向けロードという位置づけが今の自分に合いそう
  • GIANT直営店が、家から通える距離にあり、生涯メンテナンスは無料で大事に乗り続けられそう

でした。ちょうど夏〜秋に書けて新しいモデルが発表されるのがスポーツ自転車業界なのだそうですが、USのGIANTのサイトで見つけた2018年モデルのカラーがいまいちだったので、2017年モデルで決心がつきました! もし、新宿近くに住んでいたら、店員さんの素晴らしさもあって、SPECIALIZED Allez Eliteにしたかもなぁ。


なお、納車は店頭在庫もあったのですが、せっかくなのでメーカー在庫を取り寄せてもらうことにしたので、1週間〜10日程度後だそうです。楽しみ〜

夏の江の島ライド [93km]

会社同僚のUさんが最近、新しく自転車を購入したというので、夏の江の島までライドを企画! 何気に1日の走行距離としても100km近く、また前回のカスイチはほぼ平坦な道のりだったのに対し、今回は山ありということで不安もありましたが、背中には輪行バックも背負って行ってきました。

早朝4時過ぎに起きて出発。玄関を開けるとこんなにきれいな朝焼けが。でも、どんどんあっという間に明るくなっていくんですね。一緒にライドする方とのMさんとの合流地点に向かう。


ところが合流地点に向かう半分くらいの地点で後輪のタイヤががたつくなと違和感に気づき確認すると、なんとパンク!まだまだ序盤なのに、いきなりのトラブル発生!なかなかパンクは体験したことがなかったので慌てて連絡を取ります。朝も5時台なので自転車屋さんなども開いておらず、またまだそれほど進んでもいなかったので今日は諦めてライド断念かぁ?と連絡したところ、Mさんが替えの自転車チューブを持っているというので車でレスキューに駆けつけてくれることに。うれしいー。自分はチューブ交換は自分ではやったことなかったので、Mさんに交換していただき、無事ライド再開できました。


ルートは以前、小田原に行ったときのルートと似ていました。横浜市の都筑区〜緑区〜旭区あたりは大きな起伏の坂が連続する、なかなか過酷なルートなんですよね。あの時も夏でつらかったなー でもそこをがんばって抜けると、境川沿いに江の島に下る道はとても走りやすい川沿いのサイクリングロード。左手には川のせせらぎを聞きながら、右手には青々とした美しい稲穂を見ながらの道でした。気持ち良かったー


快調に飛ばしていると、なんとまたまたトラブル発生!今度はなんとMさんの自転車がパンク!なんてっこったい。手慣れた手つきでパンク修理したのですが、空気をエアブースターで入れたところ、「パァーン」と爆音が。チューブが破裂しちゃいました。こんなこともあるんですね。。結局もとにタイヤに空気を入れた応急処置で江の島に向かうことになりました。


そうこうして藤沢を抜けて、何とか江の島到着。そこで参加者4名全員が無事合流。江の島の近く来るとすっかり「夏」「海!」って雰囲気でとても気分がアガりましたよ。サーフィンを楽しんでいる人など海も大人気でした。気分変わっていいですねー


もともとは江の島で集合して海岸沿いを一緒に走る予定もあったのですが、もろもろトラブルがあったこともあり時間も予定より遅くなっていたので、今回は、江の島名物のシラス丼を昼食で頂いて、解散となりました。次回は藤沢まで輪行かな笑


解散後帰り道、実は、さらになんとMさんにもらった私の後輪が再度パンク(空気が漏れていたかも)、そして、Mさんの後輪も2度パンクするというトラブル続きのライドでした。でも、チームで行くと楽しいですし、何よりみんなのサポートがあるから心強いですねーほんと感謝!です。ほんと、朝5時の時点で心が折れそうになりましたが、トラブルをみなさんのサポートで乗り越えられました。

あ、でも困った点も。チームで自転車に乗っていると、他のみなさまの装備を見て新しい自転車やパーツ、道具が欲しくなっちゃいますねー

今回のパンク修理講習ライドのおかげで、前回の輪行に続き、パンク修理のスキルを身につけられたと思います。替えのチューブと交換用の工具を携行するようにしようー

今回のルート:





初輪行&最長距離達成 [100km]

そんなこんなで、先日、初めての輪行してきました。

このシンプルな輪行バックに自転車を入れ、土浦駅まで。そう、「霞ヶ浦一周」です!カスイチというそうです。集合時間が早かったので比較的電車も空いていて助かりました。ここ周辺はカスイチも含めて自転車に力を入れているようで、土浦駅直結のサイクルステーションもあり、私たちが集合のため待ち合わせている間にもたくさんのチャリダーたちが訪れていました。また、カスイチ途中のコンビニ(セブンイレブン)には、スタンドの付いていない自転車をひっかけれるバーが全店配備されていました。すごいなー


自転車を軽快に走らせつつながらの、霞ヶ浦の景色はすばらしかったです。朝から夕方までほぼ丸一日かけて走りましたので、逆にいろいろな時間帯の景色が楽しめました。また、途中、名物らしき「特大カツカレー」やさんでランチしたり、サイクリングの後には、温泉につかったりと、日帰りではありますが、友人たちとの旅行を満喫できました。

カスイチのコースはこちら。(livedoor blogが https でないからか、うまく埋込できず...)

ただ一つ難点。ほぼまっ平だったので何とか100km走り切れましたが、最後30kmくらいは膝が痛くて辛かったです。昔、小田原に行った際は片道約70kmでしたが、その時も膝が痛くなったのを思い出しました。サドルの高さなど、調整した方がいいのか、それとも単に急に走りすぎなのかわかりませんが、、この膝の痛みがないと本当に最高なんだよな。

しかし、みなさんの自転車装備を見ていると、うらやましくなりますねーいい自転車やギアがちょっと欲しくなるとともに、一方でさらに、愛車 Giant Escape R-3 に愛着がわいてきました。


こういうチャンスがあればまた参加したいですな。そのためにも日頃のチャリ通、しっかりがんばろう。

初輪行に向けて、輪行袋パッキングの練習

以前も、友人の車に自転車を載せてもらったりしたことはあったのですが、この度初めて輪行することになり、輪行袋を購入し、パッキングの練習をしました。

輪行(りんこう)とは、公共交通機関(鉄道〜船〜飛行機など)を使用して、自転車を運ぶこと。 サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部を自走せず省略するために使う手段。 公共交通機関を利用しない自走以外の移動(例えば自家用車積載)は輪行とは呼ばない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%AA%E8%A1%8C

購入した輪行袋はコレ。


ちゃんと日本の電車に乗れるサイズで、かつ一番簡単そうなやつを選びました。

で、練習。そもそも前輪・後輪を外すのもひさびさだったので、汗かきかき、油まみれになりながら。パッキング中、スタンドが邪魔で袋が閉まらないことに気づき、取り外す必要がありましたが、自宅の自転車置場、通勤先の自転車置場はどちらもスタンドは無くて問題ないので、しばらく外した状態でもいいかなと。なんとかパッキングできました。元に戻すのも案外手早くできて、輪行に向けて、ひと安心。


輪行袋は、軽量さなども考慮しているのだとは思いますが、予想以上に華奢な感じで数回使ったら破れちゃいそうなでちょっと不安だったかな。まぁ、そんなに頻繁に輪行するわけでもないので、数回使えたら充分なのかもなとも。

最後に、自分向けのメモ

  • ライトなどは外す
  • サドルは一番低くしておく
  • ギアは一番軽いトップにしておく
  • 石鹸、軍手、雑巾は持っていこう

本番が楽しみです。

自転車サドル交換でよりスマートになりました

今の自転車を購入して10年ほど経つのですが、サドルの表面が破けてウレタン(?)が見えているような状態になってしまっていたので、この夏、交換してみました。何度か利用している Y's roadにて。いくつも店頭陳列があったので店員さんにサドルの選び方を聞いたところ「いやぁ、サドルは一番難しいいんですよ。なんせ乗ってみないとわからないので、、」といういきなり曖昧な回答(笑)。でも、その後、いろいろ丁寧に教えてくれまして、おかげ様で納得して購入できました。

サドルの交換方法もざっと教えていただき、帰ってからさっそく六角レンチで交換。久々に気持よくDIY。ついでにネジやらに溜まった日々の汚れもキレイにできて、うん、スマートでカッコよくなりました。これまで以上に自転車通勤が楽しみになります。サドルの角度や前後位置はなかなかナイーブなようなので、しばらくは六角レンチを常備して、いつでも微調整できるようにしておこうかと思いますー

Replacing cycle saddle 2016


2013年新年初乗り [48km]

新年、年末のくっちゃね生活からの改善を狙い自転車で都内を走ってきました。せっかくなのでちょっと「出かけた感」が欲しく、舞浜のDisneyResortまで行って戻ってきました。


途中、愛宕神社で初詣と思ったが、これまた激混みのため、弁天さんの社で初詣。


こちらも予想外にちょうど箱根駅伝ランナーと遭遇。やや足止めを食らいつつも、さすがランナーのスピードに驚く。箱根駅伝を生で見たのはたぶん初めて。多くの方が応援に来ていましたが、どういう方々が来るんだろうな?


そして銀座を抜けてお台場方面へ。なかなか見晴らしが良く、気持ち良かったです。ちょうど雲もとてもきれいなタイミングでした。風は相当冷たかったですが。


せっかくなのでIKSPIARIでお食事など、と思っていたのですが、激混みのため断念し、駅横のBaker'sで。これが予想以上にリッチな感じで満足感高かったです。案外、JRのレストランは悪くないが気する。


そして夢の国から浅草へ、夕日を追いかけながら。川と夕日がとてもきれいなタイミングでした。やっぱり外から見るには、スカイツリーよりも、東京タワーだなぁと。とても幻想的な景色に酔いながら、浅草橋のAPA HOTELに到着。そうリッチに都内ホテルなんです。人工ではありますが、温泉の大浴場があるというので選びました。たっぷりのお湯で自転車の疲れを癒せました。都内のホテルも想像していたより安く、びっくりしました。今後も1泊入れると自転車での行動範囲が広がるので、利用してみたいと思いました。大浴場でゆったりした後は、浅草の街に繰り出し、おいしい酒の店を探すがなかなか見つからず。。浅草の店もあらかじめ探しておかないといかんですね。


次の日は江戸東京博物館の常設展を見学して帰宅。ちょうどお正月イベントで、獅子舞やからくり人形のショーをやっていたりと見どころ満載でした。海外の方が来たらこの博物館は是非見学して欲しい。無料のガイドもあるようで、外国人の方も多くガイドを受けていました。これは日本人でもOKなようなので、今度利用してみたい。東武ワールドスクエアばり(いや、こちらの方が上かな)の精密な人形や模型も良かったです。

そんなこんなで、いつも利用している沿線ではあるものの旅行気分を味わい。今年初乗りを堪能できました。

自転車タイヤ交換

自転車タイヤがそろそろやばそうだったので、お盆休みを利用して交換に。blogを見返したところ3年ほどたっていた模様。通勤距離/スピードも伸びたのでちょうどいい変え時かな。さらに、ついでに自転車メンテもお願いしました。PROTEChで購入した自転車については、こういったメンテはすべて無料でやってくれるのがうれしいところ。ブレーキシューがそろそろ交換時とのこと。またチェーンのクランクもTOPギアがつぶれてきてチェーンも伸びていると。たしかに負荷が高い状態での走り出しでチェーンがずれたりするんですよね。フレームはなんともなさそう。GIANTのフレームは結構いいんでしょうか。フレームそのままでパーツをステップアップしていこうかなぁ。ワンタッチでクイックリリースできるブレーキも興味あり。

ちなみに新しいタイヤはこちらになりました。Continental Bicycle -SportContactグリップ感はたかまったのですが気持ちがっしりごつくなったイメージで軽快感はやや低め? とはいえ、通勤用にはちょうどいいかな。

銀座〜代官山サイクリング[30km]と、代官山蔦屋 T-site

運動不足解消も兼ねてサイクリングしてきました。銀座に用事があったのと、ついでに話題の代官山蔦屋にも行ってみたかったので、周遊コースを。さすがに日陰は冷たい風が痛かったですが、天気も良かったので日向はとても気持ち良く走れました。

銀座往復は慣れた道なのですが、銀座から代官山方面はなかなか通ったことがなかったので試行錯誤しつつ。本当は青山通りからと思ったのですが、ついつい六本木通りを選んでしまったらこれが結構失敗だったかも。アップダウンも多く交通量も多くて、しかも路駐&タクシーだらけ。次は、粘って青山方面から攻めることにしますー

で、代官山蔦屋ですが、なかなか面白い空間ですね〜楽しかったです。1Fは料理や旅行、写真といったジャンルごとに雑誌や海外の本も含めていろいろな本があるので見ているだけで気分が良くなります。そして一角にはスタバがあって店内の本をそのままコーヒーを楽しみながら見られるそうです。スタバ付近はやたらと30代前後の若者とMac利用率が高かったです。もうブランドが出来上がっていますよねー

そして、2Fは音楽コーナー。レンタルと販売と雑誌、そしてヘッドフォンの販売なんかもが混ざっていて音楽にまつわる体験を総合的扱っています。分類は、70'sロック、とかいった時代とジャンルに分けて陳列されているので、音楽の歴史の勉強にもなりそうでした。また、クラシックコーナーにどでかいスピーカーがあってクラシックを流していたのですが、やたらと音が良くてびっくりしました。やはり良いスピーカーは良いんですね。レンタルCDは店内にたくさん用意されている視聴器を使ってソファに座ってゆったりと視聴することができます。目的のCDを探しにいく、のではなく、ゆったりと新しい音楽との出会いを楽しめる空間を提供している、って感じでしょうか。Jazzやクラシックはなかなか気に入ったものを見つけるのが難しいので、また今度探しに来てもいいかなと思いました。

周囲は蔦屋以外にもいくつかレストランやお店がありましたが、中でも北村写真機店はいい雰囲気でした。知らないトイカメラがたくさんあって、いい発見になりました。代官山ってイメージは良いのですが、何があるんだかわからず、なかなか行かない場所でしたが、ちょっと行く機会が増えるかもしれません。

endmondoのログですが途中一時停止しすぎて飛んでしまったが残念。

田園調布から川崎までゆったりポタリング [15km]

田園調布は実はすばらしい銀杏紅葉のスポット。車も少ないのでゆったりと道を独占しながら紅葉(黄葉?)が楽しめます。今週はまだ6割くらいだったのでまた来週来ようかなと思います。

その後自転車でそのまま川崎へ。こちらも多摩川沿いをゆったりと。週末は河原でスポーツをしたり、読書したり、肉焼いたりと、さまざまに楽しんでいる人が多いですね。横目で見ながら川を下ると、ちょうど多摩川大橋からすばらしい富士山を見つけました(^^) ひさしぶりに富士山を拝見した気がします。この橋を渡るときは注意しよっと。

ちなみにendomondoもgpxで書き出しができるので、『endomondoからexport gpx ⇒ gpsbabelでCS1K用データに変換 ⇒ Sony GPS Image Tracker』で画像にGEO Tagをきれいにつけられることが分かりました。endomondoでログを取るとルート自体をShareも簡単にできるので、そのあたりも良いですね。Android端末だと電池の課題もありますが、CS1Kと合わせてうまく活用できそうです(^^)

SONY GPSユニットキット GPS-CS3K
ソニー (2009-03-06)
売り上げランキング: 35664
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    twitter
    • ライブドアブログ