kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

Blog

HDMI入力を拡張しようとするが、断念。ポイントはCEC . 自宅WFH環境をUpgrade . 初めてのオンライン試験 Tableau/ProctorU . テレビ会議をヘッドセットでやりながら、録音する (MacOS X/Catalina) . テレワークの作業効率をちょっと改善 . 【解決】Parallels v15.1.3 + リモートデスクトップ で Shiftキーが入力できない ときは、ParallelsのHardwareモードを確認 . 旅客機のパイロット不足解消には? . HUISのマクロ機能が思いがけず大活躍 #huis . USB Type-Cでも色々ケーブルがありまして、、映像伝送するには USB 3.1(Gen1/2) が必要でした . USB-C接続モバイルモニター おすすめです .

HDMI入力を拡張しようとするが、断念。ポイントはCEC

自宅のリビングで見たい映像機器が増えていて、HDMI切り替え機なるものを買ってみました。スピーカーにはHDMIの入力が2本しかなく、そこにつなげているのは PS Vita TV(nasne)とBD Player。最近に月に数回スマホから出力してみたい場合がありごそごそケーブルを取り換えるのが面倒なので、、となったのです。

で、購入してみた製品はこちら。


選んだポイントは、1点、赤外線リモコンで入力切替できるものを選ぼうと思いました。そうすればHUISから操作もできるだろう、という目論見です。あとはシンプルそうなデザイン。届いてからさっそく試しました。HDMIの切り替えは何となく自動で切り替わっているみたいでスイッチを押す必要はなさそう?ただ、電源不要なときもあるのですが、電源なしだと不安定(認識しない場合もある?)なことがあるようで、電源必要かなと思いました。一般的な microusb なので最近 usb-c に乗り換えて余ったやつで対応OKです。

ただーし!一番の難点があることに気づきました。この切替器を通すと、CECリモコンが効かなくなってしまったのですー涙

これはなんとも致命的なのです。。

で、ふと冷静に確認したところ、なんとプロジェクター側にHDMI入力がもう一つあるじゃないですか。。これを活用することにしました。が、一難去ってまた一難。プロジェクターのHDMIで入力した場合、音声がオーディオシステムには流れないようなのです。うちにあるYSP-4000はHDMIの入力と出力は双方向ではないようです。。プロジェクターにもスピーカーが内蔵されているのですがあまりに貧弱。。で、最後のソリューションはBluetoothスピーカー。スマホからプロジェクターを使って大画面で見る際にはスマホからBTスピーカーに音声を出すことで、いい感じになりました。なんだか無駄にいろいろつないているような気もしますが、、、ともあれ、やりたいことはうまく実現できました(^^)

最終的には、こんな形となりました。

BDPlayer, PSVitaTV

 ↓ (HDMI)

YSP-4000

 ↓ (HDMI)

プロジェクタ ← TV/BDの音量や操作はHUIS/赤外線リモコン

 ↑ (HDMI)

スマホ ← スマホ操作は手元で

 ↓ (Bluetooth)

BTスピーカ

しかし、、WFHで自宅にこもる時間が増え、、ネットの買い物の財布のひもが緩んでいる気がします。。万が一、HDMD-CECを通すHDMI切替器 をご存知の方はご紹介くださいませ。


自宅WFH環境をUpgrade

いろいろコロナで働き方も変わっていますが、一番大きな変化の一つとしては、自宅の机でもってがっつり仕事をするようになったということ。ということで持ち帰っている会社PCにつなぐPC用モニタを拡充しました。

というのもその前に週末作業用に購入したモバイルディスプレイを使ってみたら、がっつり平日に1日使ったら、あっという間い肩こりになってしまったのです。(涙)

やはり1日集中して仕事していると違うんですね。

今回の選択基準としては

  • USB-C 接続
  • 解像度は4Kは大きすぎるので、FullHDより大きく4K未満の画面サイズ
  • デザインはやっぱりかっこいいやつ

で選んだのはこれ:


想定外によかったのはマウント。すごくシンプルにディスプレイがマウントでき、縦にしたり向きを変えたり自由自在で調整しやすかったです。


USB-Cケーブル一本で電源もディスプレイも全部つながる。スマート!(画面の広さを強調するためにTweetDeckを久しぶりに開いてみました)

また、最後まで悩んだのは有線LAN。自宅の回線のせいなのか、WiFiのせいなのか、はたまた接続先の問題なのかわかりませんが、時々通信環境が劣化することがあったので、より安定した通信環境が欲しいですね。DELLが有線LAN付きのモデルも出していたのですが、そこはモニター側にUSBハブ機能もあるので、USB-Aで拡張するとして、コスパ重視で選びました。

有線LAN付きの最新モデル:


結果、選択は大正解・大満足かなと。

通信環境は自宅のインターネット回線も含めて見直せたらなと思います。

初めてのオンライン試験 Tableau/ProctorU

Tableauさんがelearningを無料で提供してくれていたので勉強してみようと進めています。

いままで完全独学でOJT的に利用していただけだったので、elearningのコースに沿って体系的に学べるのはとてもありがたいです。このコンテンツが無料とはほんと凄い。コースは様々な各機能ごとに

1. 概念や考え方の紹介

2. Tableauでの操作方法

3. ハンズオンでの演習

という構成になっており、単純に操作を覚えるだけでなく、どんなユースケースで使うべきかも理解できるのが素晴らしいと思いました。基本はビデオでのLessonなのでプロがVizをどういう手順で作っているのかを動画でみられるのはとても参考になり、書籍で読むとの結構な違いを感じました。また、VizのFilterに付ける説明など、実践で真似したくなるような実用的なTipsが満載です。

で、せっかく勉強もしたのでせっかくなので資格にチャレンジしようと、初めてオンラインの資格取得テストを受けてみました。

このTableau Desktopの資格のうちでも一番の入門 Specialist の受験料が半額となっていたので、まずはこちらに挑戦しました。この時期さすがに混み合っているようで、すぐ明日受験!と思っていたのですが、予約が取れたのは3週間先くらいでした。

オンライン試験の環境に関するガイドはこちらです。が、やってみて結構厳しくてびっくりしました。日本語の試験が選べたので、日本語で受けられると思ったのですが、試験の準備は完全英語でのインストラクション。

試験準備の段階で、Zoomで接続し、画面共有とウェブカムを使って部屋の中の様子などを見せ、またPCで余計なソフトが動いていないかなど確認されます。本人の確認のためにGovernment ID見せろって言われて慌ててパスポートを取り出して、ウェブカムに見せるなど、あたふたしました。(確かに準備しろと書いてあったが)本人確認後は、さらにネットワークのスピードテストなど実施していきます。日本だとLatencyが足りないのか一番接続パフォーマンスが良かった US-West でも、Latencyのチェックが黄色信号で、ここでテスト辞めてリスケしますか? それともやりますか?など英語で尋ねられます。ネット環境は十分と判断して Zoom の チャットで 同意を記入すると、いよいよ試験。ブラウザ上で動くリモートデスクトップを使ってリモートのTableauを操作していく、という具合でした。ぶつくさ独り言しゃべっていると注意されたりとヒヤヒヤ(笑)

試験開始までの準備で、20分くらいかかったかもしれません。Specialistの試験自体は、デスクトップに試験で利用するxlsxなどのデータソースがあるのに気づく必要がありましたが、その他はスムースに解答でき、無事合格できました。オンライン試験だとその場で結果がすぐわかるのはストレスレスですね。さくっとバッジももらえました。

次は、Desktop Certified Associate を受けてみようと思っているので、いい予行演習になりました。

Tableauデータ分析 ~入門から実践まで~ 第2版
山口 将央
秀和システム
2019-11-16

Tableauデータ分析 ~実践から活用まで~
高木洋介
秀和システム
2018-08-24

テレビ会議をヘッドセットでやりながら、録音する (MacOS X/Catalina)

2月末くらいから、すっかり在宅勤務が続いています。Suicaのログを確認していたら4月は一度も電車に乗らなかったようです。体調は問題ないですが、運動不足は否めません。人混みを避けて近所で散歩や運動は禁止されているわけではないのですが、、なかなか出不精になっており、運動不足が心配です。たまには、Tacxで汗をかくようにはしています。

在宅勤務しているとテレビ会議アプリを活用するのですが、その際、ヘッドセットを使います。本体マイクだとキーボードの音がうるさくなりがちですし、やはりヘッドセットの方がマイクと口の位置が安定していたり、と音声がより安定する気がします。

特に海外の方とやり取りのように後で聞き返したくなりそうな場合、テレビ会議を録音をしたいと思うことがあります。普通の会議だとスマホを使って録音するのですが、PCのイヤフォンで聞いているとそうはいきません。

ということで、ちょっと環境を準備しました。必要なのは、

です。

考え方としては、BlackHoleという音声デバイスをセットアップして、そこに一旦オーディオを入力し、音声ミキサーであるLadioCastを使って、それをヘッドセットに流してやることで、録音ソースとしてBlackHoleを選択して録音、加えてヘッドセットでも音声を聞くことができるようになります。ちなみに内蔵スピーカとヘッドセット両方に出力する、なんてことも可能です。(用途はあるかな?)

mix_audio

常に使うというわけではないので、テレビ会議直前で慌てたり、音声がうまくつながらなくてトラブらないよう、セットアップして手順を練習しておくと良いかと思いました。


ご参考になれば幸いです。

追記)スクリーンショットでは BlackHoleが追加されたことを Audio MIDI Setup の画面で示していますが、ここで入力や出力が選べますが、できればテレビ会議側で選ぶのが良いかもしれません。その場合、テレビ会議アプリで設定する マイク(入力)はヘッドセットのマイク、出力で BlackHole を選び、BlackHoleをMixして LadioCast で任意の出力にMixする、といった具合です。テレビ会議アプリ側で、システム設定を使うとすると、このAudio MIDI Setupで選んだConfigurationが利用されると思います。

テレワークの作業効率をちょっと改善

パソコンの環境をいじるって作業効率をアップさせる(させた気になる)のって気持ちいいですよね〜github.com を使っていると ssh する必要がありますが、社内のネットワークだとProxyごしだったりして、色々設定が必要なのですが、その設定Tipsをテレワーク時代に対応させました。Qiita記事として書いておきました。

【解決】Parallels v15.1.3 + リモートデスクトップ で Shiftキーが入力できない ときは、ParallelsのHardwareモードを確認

会社のパソコンはMacなのですが、会社にVPNで接続するためにはWindowsが必要でして、結果、こんな形で会社のデスクトップWindowsマシンにリモートデスクトップでつなぐ際にはこんなことになっています。

MacBook

↕ (Parallels)

Parallels/Windows10 リモートデスクトップ接続

↕ (VPN)

会社のDesktop Windows

で、特に問題なく使っていたのですが、いつのタイミングからか、リモートデスクトップ先の会社のDesktopPCへのキーボード入力でShiftキーが効かないことがしばしば起こるようになったのです。パスワード入力等もつらいですし、もちろんプログラムを書くようなことはほぼ無理、、相当困っていたのですが、解決策が見つかりました。たまたま検索したところ見つかった記事が参考になりました。

このブログ記事のやり方が参考になり、もっともシンプルには、VMの設定のキーボードの部分を "Optimize for games" にするのがよいです。

いま思うと、時期を考えると、おそらくこのParallelsのUpdateのタイミングが重なります。

v15.1.3 2020/03/10

https://kb.parallels.com/ru/124724

おそらく、Parallelsで省電力なのかわかりませんが、余計にキーボードを間引くようになってしまう不具合が 15.1.3 で入ったのだと思います。(↑の記事はもっと前のタイミングなので、しばしば混入する不具合なのでしょうか?)

ParallelsKeyboard

昨今のテレワーク推奨で自宅からVPNでリモートデスクトップする機会が増えていたところで、非常に困っていたので!問題回避方法が見つかってよかったです。

旅客機のパイロット不足解消には?

ふと電車に乗っている際、将来のパイロット志望のキッズを増やすためにもなりそうなイベントの告知を見かけて思ったこと。

国土交通省が述べているように、

パイロットになるには「事業用操縦士」や「航空無線通信士」などの国家資格を取得するだけでなく、数多くの地上訓練や飛行訓練が必要です。特に機長になることは“狭き門”となっています。

だと思います。確かに体力、知力さまざまなスキルが必要な職業だと思います。が、一方で、例えば10時間といったフライトのうち、パイロットが本当に活躍するのは、主に離着陸のほんの短い間なのではないのではしょうか。間違っているかもしれません!想像です!あしからず

仮にこの想像が当たっているとすると、旅客機のパイロットの仕事はあまりに効率が悪いのではないかと思ってしまうわけです。そんな中で活用したいのが「自動操縦」ですよね。ただし、自動操縦といっても、やはり各種気象状況等における離着陸は、まだまだ人のスキルが必要と思います。

そこで思ったのは、各空港の離着陸は、各空港で鍛え上げたパイロットが「陸上からリモート操縦」してはどうかということです。パイロットは地上勤務となるので圧倒的に負荷は減りますので、体力面でのトラブルは確実に減ると思います。加えて、同じ空港で一日に何本も経験を積むことができるので効率的にスキルを獲得することも可能そうです。近い将来、旅客機に乗り込むのは主に接客用と有事の際の乗客誘導のためのCAさんだけ、という時代が来るのかもしれません。(パイロット不足も相まって。これは軍事用のドローンではすでに行われていると思います。)

そんな妄想をしていると、、こんなニュースも見かけました。やはり空港データは重要ですね。このシミュレータは、上記のリモート離着陸システムにも、とても役立ちそうです。

以上妄想でした。

Microsoft Flight Simulator X
マイクロソフト
2007-01-26

HUISのマクロ機能が思いがけず大活躍 #huis

プロジェクタを買い替えて使い始めて気づいたのですが、前のものに比べてHDMIリンク(HDMI CEC)がちゃんと対応しているようなのです。ここで思いもよらぬ利点が!なんと普段TV録画視聴に使っているトルネの上下左右なども、プロジェクタのリモコンから操作できることに気づいたのです。更に「次にスキップ」で「CM送り」もできる!これは便利。

今までは、トルネから番組を再生した後、PSボタン長押しでコントローラを切断して、、、またCM飛ばすときはPSボタン長押しでコントローラーを起動して、、というようなことをしていたのですが、そういった操作はすべてHUISから操作可能になりました。すばらしい!

できたカスタムリモコンはこんな感じに。これ一画面で、ほぼほぼいけるようになりました ✌️

が、思いがけず、一つ困ったことが。新しいプロジェクタ(EH-TW5650)にはスピーカーがついていたため、どういうタイミングなのかよくわからないのですが、各機器を電源ONした際、HDMI音声がAVアンプからではなくプロジェクタからになってしまうことがあるのです。それを元に戻すにはメニューからこちこちと選択、操作する必要があり、、結構なストレスだったのです。

が、、ここでもHUIS大活躍!!「マクロ」機能があった思い出しました。メニュー操作を覚えせて(HUIS UI CreatorでPCから機能を編集できるので、この操作自体ストレスレスでした)、それを誤操作がないように隣にページに配置。いい感じに、音声入力を復旧できるようになりました。

いやぁ、すばらしい。

P.S.

2016年に購入してから、ホント長く活躍している、大満足のHUISですが、一点要望があるとすると、リモコン信号を学習させたボタンを、HUIS UI CREATOR上で他のリモコンにコピーなどして再利用できるようにしてほしいな。ほんの少しだけ信号を学習させなければいけないものがあるのですが、そのボタンをコピーできたら、新しいリモコンを構成する際に、オリジナルのリモコンを引っ張り出して電池入れて、、という作業がずっと楽になるなと。


USB Type-Cでも色々ケーブルがありまして、、映像伝送するには USB 3.1(Gen1/2) が必要でした

新しい買い物をするといろいろ気づきがあるもので、、

先日、USB-Cケーブル1本でMacとつながるモバイルディスプレイを購入し、満足しています。が、この商品に付属のUSB Type-Cのケーブルが、何故か結構ゴツくて長めなのです。そこで、手持ちの90cmでより取り回しのよい、普段も充電の際に使っている、USB Type-C ケーブルでつないでみたのですが、、あれ? 映らない。何だろうと調べていたら 同じ USB Type-C ⇔ USB Type-C (コネクタ) のケーブルでも中身はいくつか種類があることに気づきました。

何でも、映像伝送するには、USB 3.0 に対応した、USB Type-Cのケーブルが必要なのでした。。Type-Cのコネクタだと見た目ではまったく区別がないので(USB-Aとかだとコネクタの中が青くなっていて見分けがつく)、要注意です。ちなみに、USB 3.1ができた時点で、USB 3.1(Gen2)、USB 3.0はUSB3.1(Gen1)と呼ぶようになったそうです。紛らわしい。。。USB PowerDeliveryの規格も同じType-Cコネクタでも遅れる電力が違うようなので、ハイパワーの充電器を買った場合はケーブルも注意した方がいいかもしれません。

まとめると、モバイルディスプレイをUSB Type-Cのケーブル1本でつなぐには、 USB3.1(Gen1 or Gen2)が必要、ということでした。ちなみにUSB3.1だからといって、値段がそんなに高くなるものでもないようので購入の際にはよく確認する必要がありそうです。

例えば、これはUSB3.1(Gen2)で、¥1,399。


これはUSB2.0で、¥1,099。


持ち運び・取り回しのよい、 USB3.1 Gen2/USB Type-Cのケーブルが欲しくなってきた 笑

P.S. さらに、USB3.1 Gen2 の上には、 Thunderbolt 3.0 がいるらしい... コネクタは同じType-Cコネクタ。また必要になったら勉強します 笑

USB-C接続モバイルモニター おすすめです

USB-C接続繋がりで、自宅で作業する用にモバイルモニターを購入してみました。

これまでは寝室にある液晶TVをリビングに持ち出して使っていました。悪くはなかったのですが、アンテナや電源などいくつかケーブルのつけ外しての移動がメンドウだったのと、解像度がFull HDではなかったのもあり、外部ディスプレイほしいなと物色していました。最近は普通のPCモニターも安いんですよね。が、ネックは使っていない間の置き場所でした。で、見つけたのがコレ。



こんな具合で使わない間はまるで「板」なのでとてもコンパクト。さらに使用時も電源も含めてUSB-C一本でつながり、取り回しもとても良いです。付属品には、ディスプレイの保護シートや、スタンドにもなるケースなどいたれりつくせり。

サイズは種々あるのですが、私は15.6インチを選びましたが13インチのMacBookよりやや大きいくらいでちょうど良かったと思います。バックパックにもぎりぎり入るサイズで持ち運ぶことも可能そうです。いい買い物しました(^^)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Recent Comments
    twitter
    • ライブドアブログ