kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

Blog

旅客機のパイロット不足解消には? . HUISのマクロ機能が思いがけず大活躍 #huis . USB Type-Cでも色々ケーブルがありまして、、映像伝送するには USB 3.1(Gen1/2) が必要でした . USB-C接続モバイルモニター おすすめです . 2020年のモバイル装備は USB-C 中心になりました . 2020年 明けましておめでとうございます . 国境なき医師団とジャーナリズム #エンドレスジャーニー . #Simplism のフィルム/ガラス製品に付属していた貼るピタは素晴らしすぎた . プロジェクタ買い替え . 初川越で初カプセルホテルと、機能を停止した川越駅東口の巨大な黒い塔 .

旅客機のパイロット不足解消には?

ふと電車に乗っている際、将来のパイロット志望のキッズを増やすためにもなりそうなイベントの告知を見かけて思ったこと。

国土交通省が述べているように、

パイロットになるには「事業用操縦士」や「航空無線通信士」などの国家資格を取得するだけでなく、数多くの地上訓練や飛行訓練が必要です。特に機長になることは“狭き門”となっています。

だと思います。確かに体力、知力さまざまなスキルが必要な職業だと思います。が、一方で、例えば10時間といったフライトのうち、パイロットが本当に活躍するのは、主に離着陸のほんの短い間なのではないのではしょうか。間違っているかもしれません!想像です!あしからず

仮にこの想像が当たっているとすると、旅客機のパイロットの仕事はあまりに効率が悪いのではないかと思ってしまうわけです。そんな中で活用したいのが「自動操縦」ですよね。ただし、自動操縦といっても、やはり各種気象状況等における離着陸は、まだまだ人のスキルが必要と思います。

そこで思ったのは、各空港の離着陸は、各空港で鍛え上げたパイロットが「陸上からリモート操縦」してはどうかということです。パイロットは地上勤務となるので圧倒的に負荷は減りますので、体力面でのトラブルは確実に減ると思います。加えて、同じ空港で一日に何本も経験を積むことができるので効率的にスキルを獲得することも可能そうです。近い将来、旅客機に乗り込むのは主に接客用と有事の際の乗客誘導のためのCAさんだけ、という時代が来るのかもしれません。(パイロット不足も相まって。これは軍事用のドローンではすでに行われていると思います。)

そんな妄想をしていると、、こんなニュースも見かけました。やはり空港データは重要ですね。このシミュレータは、上記のリモート離着陸システムにも、とても役立ちそうです。

以上妄想でした。

Microsoft Flight Simulator X
マイクロソフト
2007-01-26

HUISのマクロ機能が思いがけず大活躍 #huis

プロジェクタを買い替えて使い始めて気づいたのですが、前のものに比べてHDMIリンク(HDMI CEC)がちゃんと対応しているようなのです。ここで思いもよらぬ利点が!なんと普段TV録画視聴に使っているトルネの上下左右なども、プロジェクタのリモコンから操作できることに気づいたのです。更に「次にスキップ」で「CM送り」もできる!これは便利。

今までは、トルネから番組を再生した後、PSボタン長押しでコントローラを切断して、、、またCM飛ばすときはPSボタン長押しでコントローラーを起動して、、というようなことをしていたのですが、そういった操作はすべてHUISから操作可能になりました。すばらしい!

できたカスタムリモコンはこんな感じに。これ一画面で、ほぼほぼいけるようになりました ✌️

が、思いがけず、一つ困ったことが。新しいプロジェクタ(EH-TW5650)にはスピーカーがついていたため、どういうタイミングなのかよくわからないのですが、各機器を電源ONした際、HDMI音声がAVアンプからではなくプロジェクタからになってしまうことがあるのです。それを元に戻すにはメニューからこちこちと選択、操作する必要があり、、結構なストレスだったのです。

が、、ここでもHUIS大活躍!!「マクロ」機能があった思い出しました。メニュー操作を覚えせて(HUIS UI CreatorでPCから機能を編集できるので、この操作自体ストレスレスでした)、それを誤操作がないように隣にページに配置。いい感じに、音声入力を復旧できるようになりました。

いやぁ、すばらしい。

P.S.

2016年に購入してから、ホント長く活躍している、大満足のHUISですが、一点要望があるとすると、リモコン信号を学習させたボタンを、HUIS UI CREATOR上で他のリモコンにコピーなどして再利用できるようにしてほしいな。ほんの少しだけ信号を学習させなければいけないものがあるのですが、そのボタンをコピーできたら、新しいリモコンを構成する際に、オリジナルのリモコンを引っ張り出して電池入れて、、という作業がずっと楽になるなと。


USB Type-Cでも色々ケーブルがありまして、、映像伝送するには USB 3.1(Gen1/2) が必要でした

新しい買い物をするといろいろ気づきがあるもので、、

先日、USB-Cケーブル1本でMacとつながるモバイルディスプレイを購入し、満足しています。が、この商品に付属のUSB Type-Cのケーブルが、何故か結構ゴツくて長めなのです。そこで、手持ちの90cmでより取り回しのよい、普段も充電の際に使っている、USB Type-C ケーブルでつないでみたのですが、、あれ? 映らない。何だろうと調べていたら 同じ USB Type-C ⇔ USB Type-C (コネクタ) のケーブルでも中身はいくつか種類があることに気づきました。

何でも、映像伝送するには、USB 3.0 に対応した、USB Type-Cのケーブルが必要なのでした。。Type-Cのコネクタだと見た目ではまったく区別がないので(USB-Aとかだとコネクタの中が青くなっていて見分けがつく)、要注意です。ちなみに、USB 3.1ができた時点で、USB 3.1(Gen2)、USB 3.0はUSB3.1(Gen1)と呼ぶようになったそうです。紛らわしい。。。USB PowerDeliveryの規格も同じType-Cコネクタでも遅れる電力が違うようなので、ハイパワーの充電器を買った場合はケーブルも注意した方がいいかもしれません。

まとめると、モバイルディスプレイをUSB Type-Cのケーブル1本でつなぐには、 USB3.1(Gen1 or Gen2)が必要、ということでした。ちなみにUSB3.1だからといって、値段がそんなに高くなるものでもないようので購入の際にはよく確認する必要がありそうです。

例えば、これはUSB3.1(Gen2)で、¥1,399。


これはUSB2.0で、¥1,099。


持ち運び・取り回しのよい、 USB3.1 Gen2/USB Type-Cのケーブルが欲しくなってきた 笑

P.S. さらに、USB3.1 Gen2 の上には、 Thunderbolt 3.0 がいるらしい... コネクタは同じType-Cコネクタ。また必要になったら勉強します 笑

USB-C接続モバイルモニター おすすめです

USB-C接続繋がりで、自宅で作業する用にモバイルモニターを購入してみました。

これまでは寝室にある液晶TVをリビングに持ち出して使っていました。悪くはなかったのですが、アンテナや電源などいくつかケーブルのつけ外しての移動がメンドウだったのと、解像度がFull HDではなかったのもあり、外部ディスプレイほしいなと物色していました。最近は普通のPCモニターも安いんですよね。が、ネックは使っていない間の置き場所でした。で、見つけたのがコレ。



こんな具合で使わない間はまるで「板」なのでとてもコンパクト。さらに使用時も電源も含めてUSB-C一本でつながり、取り回しもとても良いです。付属品には、ディスプレイの保護シートや、スタンドにもなるケースなどいたれりつくせり。

サイズは種々あるのですが、私は15.6インチを選びましたが13インチのMacBookよりやや大きいくらいでちょうど良かったと思います。バックパックにもぎりぎり入るサイズで持ち運ぶことも可能そうです。いい買い物しました(^^)

2020年のモバイル装備は USB-C 中心になりました

会社からお借りしているMacがUSB-Cオンリーになったのをきっかけに、徐々に充電用/接続用のケーブルがUSB-C中心になっていましたが、いよいよ持ち運びするケーブル類は基本USB-Cのみとなりました〜 充電器が大分コンパクトになってきたのがうれしいですね。コンパクトなモバイルバッテリーも気になっているのですが、これはmicro USBで充電なので、出先での充電用にUSB-C→Micro USB変換アダプタでしのいでいます。モバイルバッテリーがUSB-Cになれば、この変換アダプタと USB-A→Lightningケーブルが不要になります。





2020年 明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。2020はゴロがいいですね。

年賀2020

ついでに2019年を軽く振り返ってみました。

ライブ

  • 1/17 Slash
  • 2/9 Nickelback
  • 4/12 Snarky Puppy
  • 4/15 Vintage Trouble
  • 5/25 Greenroom Festival 2019 ( swichfoot )
  • 8/10 椎名へきる
  • 8/16 Summer Sonic 2019

年の前半はいい感じだったのですが、秋以降はすっかりいけませんでした。The Kooksはチケットは買っていたのですがキャンセルになってしまったり、U2はチケット買えず、だったんですよね〜 ちなみに2020年はMIKAの来日が決まっていますから、年明け早々、楽しみにしています

自転車

リアル走行距離は少なかったかなぁ。。海外旅行にかこつけて、レンタルサイクルでいろいろな場所は走りましたが。。Tacxもっと2020年は乗りたいです。

旅行関連

案外いろいろ。予定外に海外3箇所にいけましたし、国内の名古屋/あいちも堪能できました。

生活

  • マンション大規模修繕完了。住人Slack導入(してみたが定着はしていないw)

マンション大規模修繕というのを今年やりました。それに向けて、実験的に理事会メンバーなどの住人コミュニケーションにSlackを導入してみました。普段からそれを使って、、という関係性にはなかなかなりませんが、日常のマンション内のトラブルや困り毎の際に、大規模修繕以降もうまく使えたらいいなと。

仕事

振り返ると、2019年後半は特に忙しかった気がします。2020年はもっと楽に成果だしたいです〜

では、本年もよろしくお願いいたします。

国境なき医師団とジャーナリズム #エンドレスジャーニー

国境なき医師団の「エンドレスジャーニー」という活動報告展示をやっていたので見に行ってきました。

もともと「国境なき医師団」に興味を持ったのは、恵比寿の写真美術館で国際報道写真展を見に行った際に、「国境なき医師団」に参加しているボランティアの方と写真家のトークショウを聞いてから。

そこで初めて知ったのが、

国境なき医師団は、医療・人道援助団体であるとともに、援助活動の現場で目にした、人権侵害や紛争・災害の状況などを国際社会に伝える「証言活動」も主な使命としています

という点。もともとはフランスの医師が医療活動に戦地などに赴いた際、医療活動だけをしていても社会は変わらないのではないか、という危機感の元、ジャーナリストとともに「証言活動」を行おう立ち上げた団体とのことです。確かに、普段日本で生活をしているとあまりに世の中のことは関心の中に入ってきません。(日本の中のことですら、、ですが)とはいえ、なかなかすべての人が現地に行き、ボランティアをする、というわけにもいかないので、少しでも世の中の状況を知り、自分で何ができるのかを考えるチャンスをもらうため、せめて募金等でつながりを持つのは良いのではないかと思います。

巨大な一つのちから、というよりはむしろ一人ひとりの小さな力を集めて世の中が動くような時代。ポピュリズムやプロパガンダなどネガティブな要素もありますが、だからこそ、ジャーナリズムはとても重要な力を持っているんだろうなと思います。自分もいまやっている仕事(データ分析とかサービス/UX設計とか)が、いつかそこにつながるんじゃないかと妄想しています。

今度読みたい本:


#Simplism のフィルム/ガラス製品に付属していた貼るピタは素晴らしすぎた

最近新たに携帯電話(スマホ)を手に入れました。ゲットしたスマホはXperia 8. ソニーの最新機種、ただしちょっと廉価版です。が今どきのAndroidは本当によくできていて、、また会社のということであんまりいじりたくないというのもあるのですが、、良くも悪くも楽しくはないですね。

借り物ですし丁寧に使おうと、保護シートやスマホケースを物色に家電量販店を覗きに行きました。が、商品ラインナップは圧倒的にiPhoneですね〜Xperia 8は新機種というのもあってか(?)比較的選択しが少なく逆に選ぶのに多少楽だったかもしれません。選択肢が少ないといってもディスプレイシートだけでも3メーカーx5種類くらいはあって、、、悩んだのですが、、昔ケースを購入してとても気に入っていたメーカー Simplism のものがあったので、ディスプレイシートはそちらを選びました。



さて、いざシートを貼ろうと机の上を整理して、貼り付けに失敗してはいかんと、やや緊張した面持ちで開封したのですが、商品を開けてみてびっくり。「貼るピタ」なるシステムが!スマホを乗せるトレーがあり、そこに対応のスマホをいれてフィルムを剥がしてシートを載せてやれると本当にぴったりシートが貼れる仕組みなのです。いやぁ、これはすごい。位置合わせゼロ、気泡ゼロ、ゴミ混入ゼロでとても気持ち良く貼ることができました。

ちょっと違いますが流れの説明動画があったのでぜひご覧ください。

いろいろ商品ラインナップが並んでいる中、クリーニングクロスの違いくらいで、何も差がないんだろうなーっと、何の期待も持たずに選んだのですが、そういった中でもみな商品改善の努力がスゴイんですね。びっくりしました。残念ながら店頭で選択する際にはまったくアピールになっていませんでしたが、通販/ECならもう少し情報量多く、アピールできていたのか?

いずれにせよ、いい買い物でした(^^)

プロジェクタ買い替え

2006年に購入してから、ランプを2回ほど交換しながら愛用していた居間のプロジェクタが、ついに起動しなくなったので、プロジェクタを買い替えました。今回は、安定して家庭用プロジェクタをリリースし続けているEPSONさんの、 EH-TW5650 を購入しました。



スペック的には中級くらいのフルHD(1080p)。前のプロジェクタが720pだったのでやっとメインの画面がフルHDになりました!(スマホはもっと解像度高いですがね)

で、早速、録画した地上波など見て高画質を堪能しようとしたのですが、、あれあれ?画面などはすごく明るくなったけど、画質はあんまり変わらないぞ?! よくよく調べたら 出力している PS Vita TVが720pの対応でした(汗) まぁ「高画質」を期待して買い替えたわけじゃないからいっかぁーでも、ちょっとさみしい。

iPhoneのtorne mobileからHDMI出力したらキレイに見えるかな?と画策しているが、ちょっと検索してみると、何やら不穏な口コミが見つかる...なかなか高画質を安定してみるのには相性問題など課題がありそうです。

年末年始の時間に余裕があれば試行錯誤してみようかなと。

互換性といえば、年末ころ、「Connected Home over IP」というアライアンスができたそうだが、この主要メーカーが、Amazon, Google, Apple。

家電・お茶の間のエンタテインメントを握るべく、数年前なら、ソニー・パナ・東芝など並んだと思われるが、日本のメーカーは一つもないという寂しさ。2020年の日本(の家電産業)はどうなるかしら..

(追記)

このケーブルを使って iPhoneにてtorne mobileで再生しHDMI出力してプロジェクタで鑑賞! と画策していたのですが、、


結論: まったくダメでした。 このアダプタを使ってHDMI出力しながら torne mobile でそもそも動画再生ができない。。

残念ですが、本体で再生できてもなぁ。「1分 (たったというケチンボ) の視聴」で諦めました〜

初川越で初カプセルホテルと、機能を停止した川越駅東口の巨大な黒い塔

埼玉の西の方に早朝から打ち合わせにいく必要があり、かつ仕事がかつかつだったのもあり、初めてカプセルホテル体験しました。会社で仕事を無理に終わらせ、選んだ川越のカプセルホテルホテルについたのは、0時過ぎ。初めてのシステムに戸惑いながらも快適に過ごしてきました。

カプセルホテルといっても入口にはロビーがあり、まるで地方のホテル。予約した旨伝えて、自販機でお金を支払う仕組み。でも対応しているのは現金のみ、、一泊3400円。

受付を済ませるとまるで人間ドックの時のようなロッカーが割り当てられ、鍵が渡された。荷物などはロッカーにおいて、カプセル内はゆったり使うこともできるようだ。ロッカーにはこれも人間ドックのような着替えと、タオルがあり、大浴場も完備。

まったくもって、カプセル状の寝床以外は、ごくごく普通のホテルでした。幸い大浴場含めた施設やシーツなども清潔感はあり、問題なかった。

ちなみにカプセルの数は100くらいあったと思うが、稼働率は10-20%程度だったと思う。混んでなかったのもよかったが、ここのカプセルがいっぱいになった状態は想像したくない、、

他のお客さんは若い方が多く、時間が時間もあり、ほろ酔い風の方もいた。ロビーで修学旅行さながら適度にわいわいやっている若者もいて、微笑ましかった。

ところで、、、川越駅前に、こんな奇妙なオブジェクトがあった。街を歩いている人はまったく目に止めている様子はないし、また検索してもなかなか見つからない。これは一体なんなのだろうか。。

どうもこれらしいが、情報はほとんど見つからない。こんなにインパクトがあるオブジェクトなのに不思議。

平成の時の鐘として川越駅東口のロータリーにある藤田久数作の「時世(ときよ)」という作品らしい。

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Recent Comments
    twitter
    • ライブドアブログ