会社の同僚に教えてもらって、「シャツシャワー」なるものを試してみました。いわゆる「シーブリーズ」的な清涼感製品の新製品。これ系はもともと、手にとって体にかけるペチペチかけるボディーウォータみたいのがありました。高校のときの、体育の授業の後は、ものすごい汗と清涼剤のミクスチャな匂いで大変なことになっていました...


が、ボディーウォータは着替える際にはいいのですが、出先でもしゅっと爽やかになりたいということで、汗拭きシート的なものがでてきたと思います。汗拭きシートも単に汗拭きするものから、むちゃくちゃスースー清涼感をかもすものまで色々ラインナップされています。

会社の通勤などで汗っぽくなった場合には、この「汗拭きシート」が重宝します。


その次(私がそう認識しているだけかもしれませんが、、)に登場したのが「シャツシャワー」。出た汗を何とかするのではなく、その前になんとかできないか?という流れと思います。このシャツシャワーは成分的にはエタノール系のアルコール+香りなので、これまでの製品と基本は変わらないのだと思いますが、汗をかく前である、出かける前に、シャツにシュッシュっと噴霧しておきます。すると、汗をかいた瞬間にそれを揮発させるのに役立つため、清涼感を得られるとともに、汗をかきながらも、ベタベタ感を感じにくくなるというものです。

で、早速試してみようと一番人気のしろくま柄の「シャツシャワー」を購入しようとしたのですが、これが案外品薄!きっと人気があるのでしょうか?そんな中、類似品の「シャツミスト」は薬局で売っていたので、たまたまではありますが、2つの商品を比較してみることになりました。類似品の方はボトルのサイズも小さくて持ち運びもできることを考慮してそう、というのも試したくなる要因でした。

で、結果。私的には「結論、しろくま柄のシャツシャワーいい」スースー感がシャツミストは湿布的な刺激があるいが、シャツシャワーは爽やかで程よい。あと、大きく違ったのはスプレーの出来で、とてもシュッシュしやすい。この勢いで噴霧していたらすぐなくなりそうだ(笑) シャツミストは持ち運びもできそうなボトルサイズがいいなと思ったのですが、シャツにかけるという使用方法を考えると、実際のところは出先で使う機会はなく持ち運ぶ必要は少なそう。どうせなら、職場にも1本おいておく、くらいの割り切りができるなと。

シャツミストでもいいけど、、、さすがシャツシャワーって思った。



なかなかオススメできる商品でしたので、ぜひお試しあれ。