最近ライブドアブログに追加された「リッチリンク」の機能のお試しも兼ねて、、

すばらしい!

買える座席やトータルの枚数では違うのかもしれないが、基本的の一般の消費者にとって、まったく同じチケットを売っているはずのチケット購入にとって、どのチケット販売会社を選ぶのかというのは興味深いテーマだと思う。私がイープラスを好んで使い始めたのは、おそらく20年以上前で、当時人気のあるアーティストのチケットを買うには、週末の朝10時から昼過ぎまでひたすら電話をかけまくるって結局チケットは売り切れるという苦い経験しかなかった中で、多少の手数料は取られるものの「予約販売」というシステムを引っさげて登場したからだ。

その後、各社追従して予約販売システムが入り、さらには、行ったライブの写真が買えるとか、余ったチケットを再販できるとか、はたまたスマホアプリがチケットになるなど、どんどん「ライブに参加するかという体験」に競争軸が移行してきている。

そんな中、音楽との出会いのど真ん中のメディアそしてプレイヤーであるSpotifyとイープラスとの提携は楽しみでしかない。単なるSpotifyからの送客という「ライブに行くまでの体験」ではなく(もちろん今までのアーティストの出会いのプロセスがライブ体験につながるという意味で楽しみではあるが)、その後の体験に関しても新たな提案を是非、期待しています。

ところで、、イープラスで、U2のチケットの先行抽選販売に何度も申し込んだが毎回抽選漏れ... もやは「先行抽選システム」は破綻しているのだろうか? そのあたりの次の手もぜひお願いします。(ココが一番ボヤきたいポイントです 笑)