スペインといえば料理美味しそうですよね。私も、バルとかピンチョスとか楽しみにしてました。が、今回の旅行では期待よりは残念だったかも。というのも、一番の敗因は、旅行のスケジュールが過密でゆったり食事を楽しむ時間が少なかったということかもしれません。

そんな中も感じたところとしては、ランチはサンドイッチが多い=フランスパンにイベリコ豚のハム挟んだだけとか。。そして、夜は、とにかく酒のつまみが豊富!本当はバルとか楽しみたかったのですが、昼間歩き回った疲れでホテルで飲みながら息絶えたりしておりました。スペインのお土産には実は缶詰も良い、という話も聞きました。

そんな中でもぜひ外せなかったのは、「ボケリア市場(サン・ジョセップ市場)」。とても有名なバルセロナの食料市場ですが、完全に観光地化しており、食べ歩き、飲み歩きができます。観光地メインのランブラス通りにも面しています。日本の露天はおつまみを買うところで飲み物も売っているのですが、なぜかあまり売っていないので、行く際にはぜひビールやワインを持参するとお得に、飲み歩きが堪能できるかと思います。

市場の入り口

カウンターがあってイートインもできる店もあります

生ハム・フルーツ・お惣菜・おつまみ がこれでもかと!

最終日、ボケリア市場に行く前、ホテルに余ったビールを置いてきてしまったのが悔やまれるーー

今回のスペイン旅行で実感したのは、といってもマドリッドとバルセロナだけではありまますが、スペインも、とにかく地方色が豊かということ。スペインのグルメ(?)といえば、最近は特に、バスク地方が有名なようなので、ぜひともバスクにも行ってみたいです。