デジカメへの位置情報(geotag)を付与するのに愛用していた、ソニー製カメラ/GPSロガーのコンパニオンアプリ PlayMemories Home / GPS ImageTracker が、おそらくGoogleMapsの料金体系変更にともない、サポート終了してしまいました。このあたりのワークフローは完成形になったのですが、仕方なく、代替手段を探すことにしました。しかし、他のツールを探していてわかったのですが、案外、GPSロガーによる移動軌跡の確認と時間ベースで写真への位置情報(exif)埋め込み、さらに地図上での位置情報の微調整までワンストップで可能なアプリってあまりないのだなと気づきました。うーん、GPS ImageTrackerのサポート終了、、残念。

Geotag Photos Pro

最初に試したのは、Geotag Photos Proというアプリ。ロガーとなるスマホアプリが有料のためマネタイズもできていると思われ、継続的な更新も期待できます。PCアプリ側で別途ロガーのログを取り込み、写真にGeotagを書き込むようなフローです。ここでひとつ問題だったのはPCアプリがGeotag Photosで作ったGPXしか受け付けてくれれないのです(涙) が、GPXの一部を少し書き換えることで取り込み、Geotaggingできるようになりました。が、さらに問題なのが付与される位置情報がプレビューできないため、恐ろしく先に進めない、、時差の補正なんかもあるので、これだとやはりつらいなと、、別の手段を探すことにしました。

Nikon ViewNX-i

ウェブで検索をしてみると、Nikonが配布している ViewNX-iというアプリも良さそうでした。Nikonのデジカメを持っていなくても利用でき、位置情報関連も機能が充実しているようでした。良い感じに位置情報を付けられたのですが、大きな問題が、、付けた情報は画像ファイルのEXIFに書かれるのではなく、サブフォルダが掘られてそこに別ファイルとして保存。おそらく画像ファイルに書き込みことができないようでした。。 ViewNX-iを使い続けるとも思えなかったため、、、他の手段を探すことにしました。惜しい。。前のバージョンのViewNX-2ではできたっぽいのですが、、残念。

カシミール3D

で、たどりついたのがカシミール3D。名前は何度も聞いたことがあっったのですが、てっきり有料と勘違いしていたのと、UI等の造りがあまりにオールドファッションなので、試したことがなかったのですが、今回背に腹は代えられず試してみることにしました。また、地図データが有料なだけでアプリとしては無料というのもうれしい。また地図も「タイルマッププラグイン」というのを使うことで、OpenStreetMapベースの世界地図にも対応できました。素晴らしい。操作性などなかなか癖があったりと辛いところもあったのですが、機能としては申し分なく、目的の、GPSログの取り込みと軌跡表示・時差補正・位置情報確認・GeoTag付与ができました!よかった。難点は地図の読み込み含めて動作がとても遅く、、その点はちょっとストレス。。

OsadaSoft 画像位置情報取得ツール

今回位置情報関連を探していて、もう一つ良い感じのフリーソフトを見つけたのでそれも試してみています。OsadaSoftさんの画像位置情報取得ツールです。このアプリはGPSログとの連携はなく、EXIFの位置情報の確認・修正ができるというものでした。位置情報を付けた後、画像と撮影場所を確認するのに良さそうでしたので、使ってみることにします。

まとめ

ということで、

iPhone(ZweiteGPS) でロギング → カシミール3DでGeotagging → 画像位置情報取得ツール等で閲覧

とまとまりました。

が、、イマイチ納得いっていないところもあるので、今度 Geotag Photos Pro のスマホアプリを使ったロギングや、そのほかのアプリも別途トライしてみたいなと思っております。上記のようなワークフローで、もっとおすすめの方法がございましたら、ぜひ、教えてください。