さて、いよいよ tacx neo smart をセットアップしていきます。足を折りたたむことこんな感じでとてもコンパクトになります。箱の中にちょこんと入っていました。バッタみたいですね〜 一緒に防振マットも購入しました。

DSC00810DSC00817DSC00818DSC00825

このモデルにはスプロケット(後輪のギザギザ)がついていないので、別途購入しておいたスプロケットを、このダイレクトドライブ部分につけていきます。ギザギザを受け止めて回すための専用の工具があります。グリスも塗ってしっかりと固定していきます。スプロケットは歯の数が8~11とあるのですが、歯の数に合わせて、tacxに付属のスペイサーを入れる必要がありました。基本的には単に締めるだけで簡単なのですが、初めてのスプロケ交換なのでいろいろドキドキしながら進めていきました。ここで本体を壊してしまったら、海外通販なだけに、メンドウですからね。しかし shimano ってホント自転車ではすごいですね。日本のメーカーでこんなにシェアと信頼があるってすごい。

DSC00800DSC00804DSC00827DSC00840DSC00842DSC00844

美しく、スプロケットが装着されました。あとは普通に自転車の後輪をつけるようにして、このダイレクトドライブ本体を装着します。普段、後輪をつけ外しする際には自転車をひっくり返してやるので、そのままの状態でつけるのに戸惑いついつも、、無事、装着できました。うん。かっこいい。

DSC00850DSC00860

さぁー試乗するぞー!!