Moves終了後どうする話です。この記事では、Movesの2つの用途のうちの一つ、GPSロガーについてです。

スマホをGPSロガーとして使って、デジカメ写真にGeoTagをつける で記事にしましたが、Movesを使い始めてからは、特に旅行に行った際などは、iPhone/MovesをGPSロガーとして使い、moves-exportでログを吐き出してデジカメ写真に位置情報(GeoTag)を付けるということをやっていました。

ZweiteGPS

ストアなどを検索したり、また友人にきくといくつか「GPSロガー」用途のアプリが見つかります。位置情報を取る方法はGPSを使う場合と、基地局から得られる情報だけを使う二通りがあるようなのですが、精度とかはよくわかりません。また、電池消費とログの頻度のバランスあたりが気になるところですが、これも使ってみないとわからない、また使ってみても比較しづらい、、ので、ある程度しぼり、「ZweiteGPS 」を試しました。他にも友人には「Spottizmo」を勧められていたのですが、ZweiteGPSがたまたまAppStoreで見つかり、個人ではなく会社が作っていたのと、かつ無料だったので使ってみることにしました。

ZweiteGPS - SENSYUSYA

本アプリについてのレビューはこの記事 (歩んだ道を記録する。GPSロガーアプリ ZweiteGPS) が詳しかったです。見てわかりますが、記録する感覚などを自分の用途に併せて調整したりと、いろいろとできるようです。

で、さっそくデフォルト状態で使ってみましたが、結果は、「満足」。普通にログとして動作しましたし、またBackgroundでの動作、電池の消費なども気になりませんでした。ちなみに、旅での電池消費は切実な問題ですが、私の場合、切実がゆえにモバイルバッテリーを持ち歩いていますので、今回も夕食時チャージして利用しました。

が、大きな問題が一つ。ロガーとして記録した後、GPX形式で書き出すには課金が必要でした、、、精度や使い勝手もろもろは納得したでしたから迷わず購入しましたが、、なかなかいい課金方法と思いました(笑)

zweitegps
これがZweiteGPSのログをMovesと同じ手順で、Sony GPS ImageTrackerに取り込んだところ

Google Maps Timeline

またもう一つ同じ動きで、GoogleMapsのTimelineを試してみました。Googleにも位置情報をOpt-inで送信・預けることができ、結果はGoogle Mapsから確認することができます。このデータは KML 形式でDLできるので、内容を確認してみました。結果はこれ。

GMaps-kml

Google Maps Timelineの方は、ちょっとかしこくて、一定時間おきのログが取れるというよりは、さらにそれを良い感じでまとめたものになっていて、いついつからいついつまで、どこにいた、とかどこに移動した、というような情報になっていました。これはこれで情報の価値としては高いのですが、デジカメの位置情報をつけるにはイマイチ微妙でして、、GeoTag付与には合わないかなという結論。

まとめ

というわけで、GPSロガーとしては、(せっかく購入してしまいましたし、、)ZweiteGPSがよさそうで、こちらを次の旅には使うことにします。ワークフローもほぼ変わらず導入できそうです。一つMovesと違うのは明示的に「記録」と「停止」とトリガしないといけないこと。普段使いだとちょっと遭いませんが、旅なら許容範囲かなと。逆に普段の電池消費には優しくなりそうです。ZweiteGPSはロガー/Viewerとしての設定項目も非常にたくさんあるようなので、せっかくなのでそのあたりのオプションも試してみようと思います。

Movesロスな方のご参考になれば。次回は「打刻記録編」。

追記

GPSBableのWebServiceを使うとUI操作が面倒な点があったので、Windowsのバッチファイルでドラッグ&ドロップで動くようにしました。事前準備として、 GPS Bable のインストール変換ツールを用意して同じ場所に置き、 gpx ファイルをこのバッチファイルにドラッグアンドドロップで、PMH ImageTracker で読み込める .log ファイルができます。

こんな簡単なスクリプトです。