今年はやはり厄年なんでしょうか?

iPhoneが無いことに気づいたのは、幕張方面に出かけた帰りの東京駅で乗り換えのために京葉線のホームを降りた後でした。海浜幕張の飲み屋さんに忘れたかなとすぐに電話してみたのですが、見つからず。まだそれほど時間が遅くなかったのでそのまま海浜幕張に戻り、足取りを逆回しで辿ってみました。飲み屋の店員さんはお忙しいなか、またお客がいる中、席を探してくれましたが、やはり見つからず。1度は鳴った電話も、電波が届くかなくなりました。

為す術なく海浜幕張駅前の交番に遺失物届けを行い、帰宅。

Find my iPhoneで探してみたが、Offlieと出るだけで見つからず。なんだよー使えない.. 続いてauに電話して電話を止めました。すべて機械が対応するので、24時間/365日対応でした。

そういえばと、次に試したのが、moves-export です。以前もこのblogで紹介した移動トラッキングのアプリで、データはクラウドサービスからも見られるようにしていたのです。そのログを見て唖然!東京駅まで来た私のiPhoneはそのまま折り返して、西船橋で降りているじゃないですか。飲み屋さんで忘れて来たのではなく、ついあのときまで乗っていた電車に落としてしまったのでした。また、その折り返した電車を時刻表で調べると、なんと、府中本町行き。あぁ、完全に誰かが拾った上で西船橋で下車して、どこかに持ち去ってしまったようです 涙 この情報は結構インパクトありました。

Moves Export

次の朝、警察、JR、そしてログが途切れていたコンビニに電話して問い合わせて見たのですが見つからず。。(JRの方は親切に対応してくれました)更に誰からが持ち去ったということはなかなか今更届けられることもないのかなと諦め、auショップへ。Facebookでコメントくれた方ありがとうございます。辛い時に反応もらえるってありがたいですね〜

結局、ちょっと迷いましたが、当日にiPhone7に機種変更してしまいました。故意に持ち去った人が返してくれるとは想像できなかったのです。24ヶ月払いではありますが、+3000円で新機種のiPhone7をゲットです。しかし見た目はイヤフォンジャックがなくなったくらいでほとんど変わらず新鮮味は全く無いですね。

でも、まだ間に合いますので、ぜひ拾った方はお近くの警察に届け出をお願いします。ちなみに、auにiPhone6Sを下取りに出すと今なら34800円でauポイントと交換だそうです。でも、これじゃ拾った人はリセットして中古で売っちゃいますよね。。困ったもんだ。

iPhoneのバックアップは年末取っていたので、そこからiPhone7へリストアして苦労なく復旧。データも写真含めて、ほぼ復旧できたと思います。

教訓

  • 端末は、パスワード等を使ってしっかりロックしよう
  • データはクラウドサービスを使って自動でバックアップ取れるか、クラウドにデータを置こう
  • たまには、PCにバックアップを取っておこう
  • バックアップ以降にインストールしたアプリは AppStore の Purchased から確認できる(=結構便利だった)

purchaged1

au縛りから解放されるのは、まだしばらく先になりそうです。

今年は、厄祓いってのを体験してみようかな。

また最後に、ちょっと話は変わりますが、2点。

  • 遺失物を探すようなサービスがIoTらしい感じでいくつもありますが、やはり何かひとつ足りない気がします。失くす前に未然に防げるとか、失くしても悪用される心配をゼロにできるとか、、また電池も含めたカバレッジも重要とわかりました。途中までの動きが追えても、無力感しかない。。とはいえ、 moves で情報が得られたのは良かったんですけどね
  • 遺失物の携帯電話が見つかった際に、持ち主を特定する・連絡がつく・探せる手段が欲しい。例えば携帯電話のIDや、写真で簡単に警察が調べられるとか。今回、警察の方に手がかりとして出せた情報は、キャリア、端末、端末の色、ケース、待受画面。くらいでした。それとも刺さっていたSIMカード等からキャリアと連携して探してくれるのだろうか? auの窓口で聞いてみましたが、その方は、よくわからないそうでした。ぱっとわかる個人情報はさらしたくはないが、何らか本人特定ができる、もしくは本人を探せる情報が引き出せる仕組みがあれば、今回のような、携帯電話の紛失などに使えないかなと思いました。私が遺失物届けを出している際にも、海浜幕張の交番には、2つ携帯電話が届いていました。