NESCAFE Dolce Gusto、家電量販店などに行くとすごくたくさん販売していますよね。コーヒーのカプセルも地元のスーパーなんかでも売っているし、さすが、NESCAFEさん。

実は、このNESCAFE Dolce Gustoですが、数年前の会社の忘年会でゲームで勝って頂いていたのです。しばらく前に会社で使ったまま、一時期動きが悪かったこともあり放置していたのですが、社内で引っ越しがあるする関係で自宅に持ち帰りました。

しばらくぶりに稼働させましたが、今回は問題なく動き、ひと安心。美味しく一杯をいただきました。週末はハンドドリップでコーヒーを飲んでいるのですが、こちらはもう少しエスプレッソっぽい感じで、また変わった味が楽しめますね(^^)


で、今回気になっていたコーヒーのカプセルを解体してみました。どうなっているか気になりますよね。使ったことがある方はわかると思いますが、コーヒー一杯分のコーヒー豆がこのカプセルに入っていて、一杯飲むごとにこのカプセルを本体にセットして、上からお湯を注ぐ感じになっています。セットすると上から針のようなものがでてきて、そこからお湯がカプセル内に注がれる仕組みになっています。


使い終わったカプセルのカバーを空けてみるとこんな感じ。カプセルのそこに豆が敷き詰められて入て、更に透明なフィルムのようなものがあって、粉がばらばらしないように底面にまとめられいました


粉をホジホジして取り去って見ると、底面に更に網のようなアルミがでてきました。こんな雑な網目でコーヒー豆が流れないのかなと思い、剥がしてみると、、


なるほど、御本尊がでてきました。アルミの網目の下に立体成型されてたプラスチックのフィルタが入っていました。なるほど、これでコーヒーだけを通すようになっているんですね〜なかなか複雑な構造になっていました。


カプセルを分解してみて気づいたのですが、このDolce Gusto、カプセルに刺さる針含めて、機械の中を通るのは基本「真水」だけなんですね。そのため、お掃除が必要なのは最後コップに注がれる部分だけ、基本不要になっています。これはお手入れが楽ちんですし、またそのためにもカプセルがちょっとお高いのもわかります。まさにジレットの替刃的ビジネスモデルがしっかりできているんだなぁと。単に交換・消耗部品でもうける、というだけでなく、そこに付加価値が詰まっているから、他者に簡単にマネもできないんだなと。

ワクワクしました〜

NESCAFE DOLCE GUSTO