kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

www.flickr.com
kobakou's photos More of kobakou's photos

高橋名人

takahashi
五反田駅に高橋名人がいたので、ついつい撮ってしまいました。しかし、、ずいぶん老けたなぁ〜なんだか寂しいです。

しかし、当時、リビングのTVでゲームをしていたころは、1日1時間と親にも厳しく言われましたが(ドラクエが流行りだしてから、なかなか守れなくなったけど)、ゲームボーイとかでやるような時代になると、なかなか難しいですよね。

北雪

20040102a
何か暖かいものが食べたくて鍋を。正月なので日本酒と一緒に。

  • 銘柄: 北雪 純米酒
  • 種類: 日本酒
  • 産地: 日本 新潟
  • 場所: 地元の酒屋
  • 価格: \1000@720ml
  • 一言: やや甘口のすっきりとした口当たりでした。

椎名へきる@日本武道館

20040101_hekiru1
元日は恒例の椎名へきるでした。
「9年間色々悩みもあったりして歩いてきたけど、ひとつだけ分かったことがある…自分が求める何か、やりたいこと、いろいろあるけど、できなかったり、落ち込んだりすることがたくさんある。でも、悩んでいるだけだったり、ただただ心配しているだけでは"何も変わらない"。でも、ほんの少しでも自分から動き出せば、必ず見える景色(Color)は変わっていく。やっとそれに気づいた」

今回のMCはバンドメンバーもあまりしゃべらず、久々にまじめなものでした。ここ辺の構成にも10周年を迎えるに当たって、このツアー、そして2004年にかける気合のようなものを感じました!!

さらに、武道館では
「築きあげた(あげられた)アイデンティティをぶち壊して、その先に行く。悩んでいても仕方がない。やっと吹っ切れた」

と言っていました。曲の構成も、基本的はライブノリする曲を中心に、前半は昔の曲から、気づくと中盤からは最近の曲まで盛り込み、「お客の望むもの」と「自分のやりたいこと」をうまく融合することができたのではないでしょうか?やっぱりへきるはライブだなぁ〜
20040101_hekiru2
ところで、武道館といえば、向かいには靖国神社が。ここも初詣客でいっぱいでした。我々にとっての「初詣」はもちろん武道館ですけどね(^^)

あけましておめでとうございます

人間の性でしょうか?別にここであいさつしてしょうがないのになぁと思いつつ、ついつい書いてしまいました。

最近になって、自宅でもblogなページを見るにあたり、BlogPeopleのPingリストを見るようになりました。やはり老舗(?)だけあって、デザインがカッコいいページが多いですね。感心してしまいます。livedoorだとどれくらいがんばれるのかわかりませんが、たまには気分転換でデザインもがんばってみようかなぁと思います。

簡単ですが、ここでの今年の抱負ということで!

椎名へきる@愛知厚生年金会館

20031230_hekiru1半ば相当勢いだったのですが、椎名へきるのライブ Hekiru Shiina 10th Anniversary TOUR version BESTで、名古屋まで遠征してしまいました。名古屋といっても新幹線でびゅーんといっちゃうとあっという間で、なんだか名古屋まで行った実感はあまりありませんでした。が、ライブの内容がとても良かったのでぜんぜん納得(^^)
20031230_hekiru2
今回のツアー(といっても3回だけの公演)はタイトルがver BESTということで、10周年記念で往年の名曲(?)をどどんとやってしまおうというふれこみだったのですが、まさに納得の内容でした(^^)MCでは「5年前の椎名へきるを知らない人はひいちゃうかも」とか言われるくらい。たしかに(^^;

2003年はへきるのライブで始まり、へきるのライブで終わりました。2004年の元旦もへきるでスタートです〜(^^)

セットリストはHequilers Comあたりに書いてあるので興味がある方は。ツアー最終日は、年明け元旦に武道館であります!まだまだ間に合う!?

Toolとしてのblog その2

親戚のおばさんに読むといいよ薦められた本があって、さっそくAmazonで検索してみた。そのAmazonの「ユダヤ人大富豪の教え」のレビューにこんなことを書いている人がいました。
自分が思っている自分になる。だからこそ、今自分はどんな思いを持っているのか、良い思いをもつこと、それを書き記すことそれがとても大事、それがとても印象的です。

おお、同感。やっぱりいろいろ考えたことを整理して書き連ねる、たとえそれが外向きでなくても何か意味はあるはずですよね。ここにもblogのToolとしての可能性を感じました。いつかこの本も読んでみたいです。
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    twitter
    • ライブドアブログ