kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

www.flickr.com
kobakou's photos More of kobakou's photos

伊賀泰代 生産性. 組織としての生産性がどうしても低くなりがちな、日本の大企業のマネジメントが読むべき一冊

書店でも平積みで見ることの多い伊賀泰代さん著の「生産性」を読了しました。

著者ご自身のマッキンゼーでのキャリア後半が「採用」と「人材育成」の部門だったそうで、個人の生産性という話に加え、組織としての目線が多分にあったのが非常に興味深かったです。生産性って個人では考えてはいても、いざ組織で、となると、なんでも「可視化、定量化」とか「効率をばかり追う」とかなり、どうもギスギスするネガティブなイメージがつきまとうな、と感じていたからです。(そもそも会社でお金もらって働いているのに、仕事の仕方やアウトプットが個人のプライバシーだという考え方が、本来おかしいのですが...)

  • 生産性=アウトプット(付加価値)/投入資源。同じ資源でアウトプットを最大化するアプローチ、投入資源を最小するアプローチ、両方ある。後者は「効率・コスト削減」と言われるが、決してそれだけじゃない。
  • 生産性と創造性(イノベーション)は相反するものではない。そもそも創造性の高い仕事「しか」していない人はいないはずで、より創造性の高い仕事のアウトプットを増やすために、他の仕事の生産性も最大化し、そもそもどうやって生産性を上げるか、と頭を捻るところにイノベーションの種があることも多い

といった感じで「生産性」とはなにか。なぜ大事なのか、という話が説明されつつ、組織としての目線では、人材育成や上司・部下の話に続きます。外資の「マッキンゼー」とはいっても、日本法人はあくまで日本の労働環境が適用されるので、決して遠い国の話ではなく、年功序列で流動性の低い、日本の企業でやれること目線で説明されているのも非常に実用的だと感じました。

  • 上司・マネジメントの役割は「組織の生産性を上げる」ことと、不確定要素のある状況で「決断」し「リスクに備える」こと
  • どのように生産性を上げる方向にモチベートできるか、目標設定・評価の考え方
  • 人材育成の目的は、「生産性を上げること」そのもの
  • トップパフォーマと一般社員の2:6:2。トップパフォーマ、ハイパフォーマの伸ばし方
  • トップパフォーマが会社に求めているのは、成長機会と、成長支援のための目標設定と振り返り。トップパフォーマは社外のトップパフォーマがライバル
  • 実際の業務の生産性に直結するロールプレイング研修

終盤は

  • 生産性の高い「資料の作り方」
  • 生産性の高い「会議の仕方」

といった感じで、すべての社員に向けた具体的なアドバイスとなっていました。

全体としては、「組織としての生産性がどうしても低くなりがちな、日本の大企業のマネジメントが読むべき一冊」だと思います。とても論理的かつ、実用的な内容になっており、本書の目的どおり、非常に生産性の高い本になっていると感じました。



最近失くしものが多い... #Anker #SoundBuds Slim購入

先週は仕事で慣れない場所に移動したせいか、愛用していたSonyのBluetoothイヤフォンMDR-AS800BTを紛失してしまいました 涙

ここはくよくよしても仕方がない!ということで、Amazonにアクセスしてみると、なんと、いまどき2000円とかなんですね。。びっくり。AS800BTが1万円はしたと思うので、なんと価格は1/5に。これならUSBケーブルとかと同じくらいの価格。ある意味、消耗品的に使えちゃいますね。選んだのは、Anker SoudBuds Slimです。AnkerはモバイルバッテリーやUSBケーブルで気に入っているメーカーなのです。

ポチって翌日、Amazonからやたらと大きな箱が届き何かと思ったら、イヤフォンでした。なんかモヤモヤしますね笑


届いたイヤフォンは悪くなさそうです。安っぽさもなく、接続なども問題ありません。耳のパッドも各種大きさが付属はもちろん、充電用の短いUSBケーブル、ポーチなんかも付属していました。イヤフォン自体は一体いくらで作れているんだろう。


失くさないようにMamorioつけるか。。



吉村司さんのやってきたプロジェクトのお話を聞く

昨晩は吉村司さんのアフリカでのサッカーパブリックビューイングのプロジェクトのお話を聞いた。

参考記事:ソニー、予算0円から始まったW杯パブリックビューイング

この活動は意外と身近な人が参加していたりと、ちょこちょこ耳には入っていたのだが、ちゃんと全貌をお聞きしたのは実は初めてでした。裏話なんかも含めてユーモアたっぷりの講演会で、とても楽しかった。そして感動をもらいました。すばらしい仕事だなぁ。サッカーを見るアフリカの子供たちのまなざしはもちろんですが、他に非常に印象に残ったのは、吉村さんも初めから「社会貢献で、パブリックビューイング」がやりたかったわけではない、ということ。いろいろな人との出会いや、プロジェクトが進むなかでの結果として、ああいう形になったということ。仕事や人生、どう転がるかわかりません。

が、そんななか、吉村さんの話すプロジェクト論

  • 狂信的
  • 滅私がない(利己的&多己的)
  • ぶれない

ということ。結局のところ自分(もしくはメンバーの)やりたいことを信じ、自分のために、ぶれずにがんばれるか、そこが(ついていくメンバーや協力してくれる人のためにも)大事。

また自分一人だけで大きな仕事はできない。人を説得して、巻き込む必要がある。そのための説得には自分の得意なところを使うとよい。

  • 言葉
  • モノ

こんなことがしたいんだ、これをやったらこんなことになるんだ、という「実現イメージ」を伝えることが説得につながる。あれをしてくれ、ではなく、「これに向けて自分も何かしたい」と思わせられるか、なのかなと思った。

ビール片手に拝聴させていただく、すばらしい講演会でした。


夏の江の島ライド [93km]

会社同僚のUさんが最近、新しく自転車を購入したというので、夏の江の島までライドを企画! 何気に1日の走行距離としても100km近く、また前回のカスイチはほぼ平坦な道のりだったのに対し、今回は山ありということで不安もありましたが、背中には輪行バックも背負って行ってきました。

早朝4時過ぎに起きて出発。玄関を開けるとこんなにきれいな朝焼けが。でも、どんどんあっという間に明るくなっていくんですね。一緒にライドする方とのMさんとの合流地点に向かう。


ところが合流地点に向かう半分くらいの地点で後輪のタイヤががたつくなと違和感に気づき確認すると、なんとパンク!まだまだ序盤なのに、いきなりのトラブル発生!なかなかパンクは体験したことがなかったので慌てて連絡を取ります。朝も5時台なので自転車屋さんなども開いておらず、またまだそれほど進んでもいなかったので今日は諦めてライド断念かぁ?と連絡したところ、Mさんが替えの自転車チューブを持っているというので車でレスキューに駆けつけてくれることに。うれしいー。自分はチューブ交換は自分ではやったことなかったので、Mさんに交換していただき、無事ライド再開できました。


ルートは以前、小田原に行ったときのルートと似ていました。横浜市の都筑区〜緑区〜旭区あたりは大きな起伏の坂が連続する、なかなか過酷なルートなんですよね。あの時も夏でつらかったなー でもそこをがんばって抜けると、境川沿いに江の島に下る道はとても走りやすい川沿いのサイクリングロード。左手には川のせせらぎを聞きながら、右手には青々とした美しい稲穂を見ながらの道でした。気持ち良かったー


快調に飛ばしていると、なんとまたまたトラブル発生!今度はなんとMさんの自転車がパンク!なんてっこったい。手慣れた手つきでパンク修理したのですが、空気をエアブースターで入れたところ、「パァーン」と爆音が。チューブが破裂しちゃいました。こんなこともあるんですね。。結局もとにタイヤに空気を入れた応急処置で江の島に向かうことになりました。


そうこうして藤沢を抜けて、何とか江の島到着。そこで参加者4名全員が無事合流。江の島の近く来るとすっかり「夏」「海!」って雰囲気でとても気分がアガりましたよ。サーフィンを楽しんでいる人など海も大人気でした。気分変わっていいですねー


もともとは江の島で集合して海岸沿いを一緒に走る予定もあったのですが、もろもろトラブルがあったこともあり時間も予定より遅くなっていたので、今回は、江の島名物のシラス丼を昼食で頂いて、解散となりました。次回は藤沢まで輪行かな笑


解散後帰り道、実は、さらになんとMさんにもらった私の後輪が再度パンク(空気が漏れていたかも)、そして、Mさんの後輪も2度パンクするというトラブル続きのライドでした。でも、チームで行くと楽しいですし、何よりみんなのサポートがあるから心強いですねーほんと感謝!です。ほんと、朝5時の時点で心が折れそうになりましたが、トラブルをみなさんのサポートで乗り越えられました。

あ、でも困った点も。チームで自転車に乗っていると、他のみなさまの装備を見て新しい自転車やパーツ、道具が欲しくなっちゃいますねー

今回のパンク修理講習ライドのおかげで、前回の輪行に続き、パンク修理のスキルを身につけられたと思います。替えのチューブと交換用の工具を携行するようにしようー

今回のルート:





初もくもく会で、python で 緯度経度と世界座標を相互変換してみた

dots.がTECH PLAYって名前に変わったんですね。で、

【講演会】「モダンな」可視化アプリケーション開発とはどのようなものか?

https://techplay.jp/event/626591

というちょうど興味深いタイトルのイベントがあったので参加しています。13時から21時と、長丁場のイベントだなーと思っていたのですが、なんと、来てから気づいたのですが、13時から17時くらいまでは「もくもく会」ということ!なんと初めてのもくもく会です。

イベントがイベントなので、E2D3関連でもくもくしたいところですが、ちょうど気になっていた調べ物に時間を当てることができました。

勢いでQiitaにも記事として残しました〜

http://qiita.com/kobakou/items/4a5840542e74860a6b1b

TECH PLAYですがエアコンも聞いていて快適にもくもくしてます。いいですね。これからE2D3も、もくもくしてみます。

みんなのPython 第4版
柴田 淳
SBクリエイティブ
2016-12-22

新規事業とビジネスモデルについて、いつも、もやっとしていたこと(解決?!)

新規事業を考えようという活動をしていると、かならず出てくるワードが「ビジネスモデル」。ビジネスモデルとは「自社のビジネスのお金の流れとそれによって生まれる継続的な競争優位性」を説明したもの。その表現・理解の際、特に有用だと感じているのは「ビジネスピクト図」。ステークホルダー間の、価値とお金の交換の流れ・移動を、一枚で表す。


だが、ビジネスモデルを勉強しよう的な会で、いつも「もやっと」することがある。なぜなんだろうと考えた中、このもやもやの原因に気づいた気がする。それは、ビジネスモデルを学ぶのは発見もあり楽しいのだが、決してそこから、新規事業は生まれない、ということ。ビジネスモデルを勉強したいのではなく、新規事業を考えたいモードだったのだ。

過去の(成功した)ビジネスモデルは、当該ビジネス固有の事情、背景を多分に受け入れ、活用してできている。だから、これと同じビジネスモデルをやろう、といっても、そこから何か価値が出て来るわけではもちろんないし、また、既存の自事業や考えている新規事業にあてはめようと考えるのはどうも遠回りに感じてならない。(既存ビジネスの新たな収益の方法を模索するモードならいいが、新規事業モードだと)

だから、ビジネスモデルを学ぶ意味がないといいたいのではない。どう考えても、インプット、引き出しとしてのビジネスモデル研究は非常に有用である。繰り返しになるが、競争優位性を維持するために、事業アイデアと自社の状況がアジャストできるうまいビジネスモデルがあれはそれは大いに参考にできる。知らないモデルを一から発明する必要はない。

こんなことをつれづれと書きながら至った、自分の中での結論は、事業を考える際の順番だ。まず、顧客と提供価値を考えよう。その後、ビジネスモデルキャンバスを考えるはず。そこで登場するのがビジネスモデルの引き出しと、ビジネスピクト図。主要活動、キーパートナーのバリエーションを膨らますために、過去のビジネスモデルの資産を活用しよう。改めて書いてみると、教科書どおりですね笑

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
アレックス・オスターワルダー
翔泳社
2012-02-10


ビジネスモデル集だけをいくら眺めていても、知的好奇心は満たされるが、提供価値ややりたいこと、は生まれてこない。素直に、ビジネスモデルの勉強会では、「新規事業を考えよう」と欲を出さずに、あくまで「ビジネスモデルの成功事例を学ぶ」モードになろう笑

ということでした。

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    twitter
    • ライブドアブログ