kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

www.flickr.com
kobakou's photos More of kobakou's photos

トーハクxアイデアソンで、UXデザインの際の視点の大切さを再認識

東京国立博物館が主催する「訪日外国人客の記憶に残る日本文化体験とは?〜ICTは博物館で何ができるのか?〜」というアイデアソン、「トーハクxアイデアソン」の成果発表会を見て来ました。

なかなかチャレンジングなアイデアソンだったようで、応募者は土曜日の朝に集合、初対面の参加者とオリエン含めて1日缶詰でアイデアを練り上げ、日曜日の昼から発表というものでした。チームは6人ずつ5チームで、計30名が参加したようでした。仕事でもこういった「アイデアを発想して、まとめて、提案」みたいな場がありますが、やはり集中力って重要なんだろうなと感じました。短期間かつメンバーも初対面というなかで、すばらしい発表だったと思います。きっと、チームメンバーもそれぞれの思いや提案を持って集まったなか、この短期間で1つのアイデアに集約して、それを資料にして、発表して、、と、、たいへんなチーム作業だったと想像しました。

発表会には、ファシリテータのさとなおさん、審査員として、サシャさん、橋本麻里さん、東大 暦本さん、副館長 松本さんが登場しました。橋本さんは、私は初めて拝見したのですが、日本美術のライターさんだそうですが、非常に聡明そうな話し方でとても印象的でした。

そんな提案の中で最優秀を取ったアイデアは、やはり他の4つとはひと味違った、すばらしいアイデアでした。どこが素晴らしかったのかというと、、

  • 観光客は、展示物を通じて「日本の文化、生活や背景・歴史を知りたい」
  • でも旅行中は「時間がなく」さらに、いくら情報があっても短い時間では「情報過多で疲れてしまう」
  • 結果として、本来見たかった、そしてトーハクが見せたかった「展示物」を見た気がしない というトレードオフが課題と分析していた
  • その中で、訪日外国人観光客の、博物館での体験を、「前、中、後」と分解して分析できている。その結果、「中(博物館で作品を見るタイミング)」では、トーハクならではの「実物を見る」という体験に集中させ、「後」の体験を改善することでトータルの体験を良くしている提案だった
  • 更に「中」での体験でも、展示物を見ているタイミングに加え、「休憩中」というどちらかというと「後」のタイミングもあぶり出して、「休憩中」に提供できる体験も提案していた

発表会の提案をネタに(といっては失礼ですが)、その後のファシリテータ、審査員、会場からの質問を含めた議論はさらに面白かったです。

最優秀の提案は、特に自分の旅行体験にもしっくり来たので非常に「刺さった」のですが、他にもサシャさんからは、子ども連れの方が博物館・美術館に鑑賞できない、という課題がでたりと、ひとえに訪日外国人観光客、といっても、どこの国の人なのか、どういった状況の人なのか、でさまざまな課題があるんだなぁと再認識させられました。次点となった提案での発表では、そういった「ペルソナ」を明確に定義しているすばらしい発表もありました。

5つのうち、4つの発表が「VR/AR」的なものに偏ってしまったのはちょっと残念でした。確かに外国人なのでもっと視覚的にサポートできないか、という発想はすばらしいとは思いますが、今回のアイデアソンでは似通ったりに見えてしまって損してしまったと思います。そんな中で暦本さんからは、まだまだ「オーディオガイド」にもやるべきことがあるんじゃないか。一方的に説明を流すのではなく、位置情報・視点・AI等を活用することで、その場で本当に興味をもった作品に的確に、最小限に情報を提供する「バーチャル学芸員」などできないか、といった提案もありました。欲しい!

また、アイデアソン参加者からは、で「トーハクはどーしたいの?ICTとか本当に使いたいの?」といった本質的な質問もでて来ました。トーハクのビジョンやミッションとICTというhowがマッチしているのかという違和感だったと思います。そこに対して副館長松本さんからは、「実はそこに悩んでいて、今回のアイデアソンにも繋がった」というような本音をいただけ、企業や組織として、こういったオープンな議論の大切さ、期待しているところに対しても、興味深かったです。

ちなみに、東京国立博物館は「トーハク」っていうんですね。私は、トーハクの常設展示はまだ見たことがなかったのですが、このイベントをきっかけに、見に来たいと思いました。


AmazonGoは「接客」の価値を徹底的に排したモデル

昨日、JAWS DAYS 2017に参加してきたのですが、そこで、AmazonGoを見てきた人の話を聞いたので思ったことを整理してみます。

AmazonGoでの買い物の流れは以下だそうです

  • スマホに専用アプリを入れて会員登録・支払い情報の必要
  • 入店時にアプリが発行する2次元バーコードをゲートに提示して、自分とアプリを紐付ける
  • 後はお客自身が自由に商品をピックアップして持ち帰るだけ
  • 商品の補充は店員がやるが、その店員は接客はやらない
  • なお、店内の天井には、黒いセンサー類が入っていると思われるボックスが1mおきくらいで設置されているらしい

AmazonGoの価値は「万引きによるロスをゼロ」にすること。そのために「接客コストをゼロ」にする

  • その他のセルフレジシステムでも、ショッピングカゴと持ち帰りバックの重さを計測したり、レジまわりをサポートのための人員を配置するなどしてコストを掛けているが、そこをAmazonGoとしてはすべて「店員レス」に降って、センサーやアプリに投資をしている
  • 店舗での接客を無くすために、Refund(返品・返金)といった機能もアプリに実装されており、品物はお客様の責任で廃棄してもらうことにしている
  • 徹底的なお客との信頼モデルで成り立っているが、接客(=人手)を廃し、すべてをデータ化することによって、信頼関係をデータで保証している。逆にいえば信頼関係が崩れた客は利用ができなくなる

今どうしても必要と思われている、もしくは価値があると思われていることを完全に廃したとき、どういうビジネスモデルが描けるか、という、発想の転換の練習になりそうです。

iCloudを使ったMacとiPhoneのWi-Fi設定同期は便利なんだけど、、

同じAppleIDでMacとiPhoneを使っていると、 (iCloud Key Chainで?) Wi-Fiの設定等が同期されて、同じWi-Fiにつなぐのにいちいち設定をやり直す必要がなくて便利なのですが、ちょっと困ったことが。

例えば、私はauに契約しているのですが、iPhoneだけでau_Wi-Fiが使えるのですが、その設定がMacにも同期されてしまい、Macもau_Wi-Fiにつなごうとしてしまうのです。その逆なAccess Pointもあったりします。

wifisetting

このあたりってどうなっているんだろう。期待動作としては一度勝手に同期するのだが、同期がいやなAPは削除すれば、その端末からだけは設定が削除される、というのが期待なのですが。MacからAPの設定を削除した時のメッセージを見た感じ、完全に同期されるように見えます。

wifisetting2

GoogleSpreadSheetとGASの組み合わせは、UIとデータベースを備えた簡易ウェブサービスだったと実感

日時ベースでリソース管理をする必要がありました。具体的には、作業用の共有PCがあるのですが、それを利用する人がPCの台数よりも多いため、多すぎる場合は日程を調整しなければいけなかったのです。各自使いたい時間帯を宣言して、同じ時間帯でリソースが不足していたら別途調整する、ということをしていたのですがなかなか足りているか数えるのがメンドウでして、、、何かカレンダー的なものとかで管理できないかなと探してみたのですが、結局 GoogleDocs の SpreadSheet を共有して、それで管理することにしました。一番柔軟でニーズに対して簡単に対応できそうだったからです。

さらに良かったのがGAS(Google App Script)でした。GoogleDocs上のドキュメントには、GASというScriptを使って動作を自動化することができます。例えば、変更があったらグラフをRefreshするとか、通知を送るとかです。スケジュールを指定して、定期的に実行して結果をSpreadSheetに書き込むなんてこともできます。

例えば、これは変更時、領域に応じて変更日時をセルに書き込むというもの。このスクリプトを データが更新されたら、実行、といった感じで設定できます。

結局、私がやったのは、SpreadSheetでいわゆる予定表的な表を作り、各自が予定をUpdateして、結果、リソースが足りなくなっていたら、Slackにその旨Postしてお知らせする、ということです。SpreadSheetが入力・閲覧用のUIになっている、ということも面白いなと思いました。今回は使っていないですが、API(Post等)でデータを送信して、SpreadSheetにその内容を記録したり、取得したりすることも簡単に可能なようです。(Slackから Slack cmdを使ってSheetの情報を取得なんてこともうれしいかも)

Google Sheets

つまり、GoogleDoscは、WebAPIのInterfaceを持てるDatabaseであり、さらにFrontendのUIを兼ね備えた、ウェブサービスのSaaSだったのです。これだけ気軽に使えるといろいろな場面でちょっとした共有データを使った作業をhackできそうです。

改めてGoogleDocsとGASを使ってちょっと感動いたしました。

Xperia Earを試しに使って、画面タッチの次のUIってどうなるんだろうと想像してみた

Xperia Earを試しに使って次のUIってどうなるんだろうと想像してみた

AmazonのAlexaが評判ですよね。そしてもちろんAppleのSiriやGoogleも負けじと音声のUIを開発しているようです。最近の機械学習の盛り上がりによって音声認識精度があがり、またAI的なものも実用的になってきているところが関係していると思います。

そんな中でXperia Earを試しに使うチャンスがありましたので、使ってみました。


Xperia Earはスマホにつながる片耳のBluetoothイヤホンで、スマホの音声アシスタントに繋ぐための音声ベースのUIです。ちょっと賢い感じで充電機能つきのケースから取り出して耳にねじこむと、音声で「こんにちは、今日の予定は、、、」なんて話かけてくれます。イヤホンも片耳なので、音楽を聞くときだけ、とかではなく、常に装着しているという利用イメージなのかと思います。Androidの通知があるとそれを読み上げてくれたりもするので、必要なときだけスマホの画面を触るということができると思います。

なるほどね、と思いつつもやはりストレスなのは、自分が主体的に操作したいときです。Xperia Earを軽くクリックして話しかけると、音声のコマンドを解釈して動作結果を音声で返してくれる。でもね、、電車でも会社のデスクでも声に出して話しかけられないですよ。音声で能動的アクションを指示するって無理だわ。同様のことはiPhoneのSiriでも感じたんですよね。

そんななかでGoogle HomeやAmazon Echo Dotといったハードがあるとちょっと違うのかもと想像しています。家の中など特定の空間だったら、できるのかも?そしてそんなときはいちいちイヤホンつける必要なしに、据え置きのデバイスが聞き取ってくれたら便利なのかもしれません。自分の運転する車なんかでも使えるかもしれません。

こういうところで音声でのUIに慣れてきて、更に認識の精度が十分になったら、駅で歩きながらぶつぶつアシスタントと話しながらスマホを操作している、なんて光景が見られるようになるのかな?歩きながら電話を耳につけずに電話で話している人がBluetoohの携帯イヤフォンが当たり前になったばかりの頃には異様に思えましたが、最近はそうでもないですからね。

でも、その手前に何か別の能動的にアクションを指示UIがないかなぁと思います。テレビの前などではジェスチャとか提案されましたが、あまりピンとこなかったですが。さて、どうなることやら。




iPhone紛失その後。やるべきことを整理しました

しつこいですが(笑) 紛失時、やったこと、やるべきべきだったことを、まとめておきます。

やるべきことまとめ

以下の手順が、やってみてわかったおそらくベスト、です。(自分ではできなかったことも含まれます)

(1)紛失に気づいたら、「iPhoneを探す」の「データ消去」を設定する

  • もちろん手元で見つかった場合もデータは戻らないのでそこは覚悟する。そのためにもクラウドの活用も含めた、データバックアップ、管理には留意しましょう
  • 重要な注意点があります。 「iPhoneを探す」の機能は icloud.com からブラウザで利用できますが、二要素認証を設定していた場合は、なくしたiPhoneが必要で手元にないことが多いはずです。なくす前に一度 iCloud を利用して認証しておきましょう。そのブラウザでは二要素認証が不要に設定できます。もしくはMacを持っている方は、そこから使うことも可能です。


(2)携帯電話の電波は有効にしたままにして、データ消去が行われるのを待つ

今回は、現行の電話番号が使えないためトレードオフになりタイミングが難しいところですが、電話の電波が無効になってしまうと、データ消去が行われるトリガが失われるため、しばらく電波を有効にしたまま待つのが正解っぽいです。

(3)データ消去が確認できたら、電話を止め、機種変更して電話番号を取り戻す

データ消去の状況は iCloud から確認できますので、消去されたことが確認できたら、即、携帯電話の電波を止め、機種変更の手続きをするといいでしょう。携帯の電波を止めるのはキャリアで24時間対応しているはずです。

その他「できること」まとめ

なかなかベストの手順が踏めないこともあると思います。やれることを整理しておきます。

紛失前

  • パスコードは適切に設定しておく
  • iPhoneを探すはONにしておく
  • 自宅のPCなど失くす心配のないPCで iCloud に二要素認証なしでログインできるよう一度ログインしておく

紛失発覚直後


紛失後

  • 「iPhoneを探す」で「データ消去」を設定する。端末がオンラインになった際にデータ消去が実行されます。有無を言わさず端末がリセットされます。逆に素の端末になるため、拾った人が新たに使うことができる状態になるとも言えます
  • 端末の機種変更をして電話番号を取り戻す=二要素認証等でSMSや電話番号が必要なケースもあるので、同じ電話番号をゲットするのが望ましいです。「iPhoneを探す」は電話番号とか関係がないため、機種変更してもそのまま動作するはずですが、逆にオンラインになる可能性は大きく減るとも言えます。万が一拾った人がロックを解除できて、使ってやろうとWiFiに接続設定してくれればしめたものですが。

「iPhoneを探す」の「データ消去」ハンズオン

昔使っていたiPod touchで、「iPhoneを探す」の「データ消去」が使えたので、動作を試してみました。

iPhoneを探すで、「touchCam」は、Offlineになっています。


ここで、データ消去を選択します。「Notify When Found」を選択して電話番号を入れることもできましたが、実際は電話はかかってきませんでした。iPodだったからかもしれません。


設定後もtouchCamの様子がわかります。まだOfflineのようですね。


ipodに入って、Wifiに接続しました。(ロックが解ける必要があります)


するとおもむろにAppleマークがでてきて、初期化が始まりました(^^)


「iPhoneを探す」からも データ消去が行われたことが確認できました


iPodは初期画面で起動しました。


以上、期待通りの動きになっていました。

私の紛失(盗まれたと言ってもいい!)したiPhoneはおそらくネットにつながっていないようで、いまだOffline状態でデータ消去待ち、の状態です。諦めて破壊して捨ててくれているか、警察に届けてくれていると良いのですが。。しかし、警察は遺失物で届けられた携帯電話の持ち主を探すことはできるのでしょうか?大いに疑問です。

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    twitter
    • ライブドアブログ