kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

www.flickr.com
kobakou's photos More of kobakou's photos

室内保管用に、GIANTの Bike Display Stand を購入

新しく購入したロードバイクは室内で保管するようにしています。が、当然ロードバイクにはバイクスタンド(キック式)がないので、安定的に自立させるにはスタンドが必要で、いいの無いかなぁーと探していました。

Pinterestを使ってイメージの合うスタンドなんかを物色していたのですが、最終的に選んだのは、原点回帰でGIANTのSTAMP LOGO BIKE STANDとなりました。(Pinterestで好きなものをPinして並べるのは改めて気持ちいいなーっと思いました)

pin

購入して後から気づいたのですが、自転車の大きさに応じて2種類のランナップがあった模様。自分が購入したのはどちらなのかはよくわかっていませんが、大きさもぴったりでした。想像ではもう少し持ち上げてから差し込む感じかと思っていたのですが、数センチ持ち上げるだけでとても楽でした。

自転車のセッティングもシンプルで価格も手ごろ、そして、GIANTのロゴ入り(笑) すばらしい!


#TCTokyo 参加で世の中の動きの速さを目の当たりに

先日、渋谷ヒカリエホールでやっていた、TechCrunch Tokyo 2017というイベントに行ってきました。朝9時からミートアップやLT含めると夜9時まで、丸2日間というヘビーなイベントだったのですが、なかなか普段の仕事で得るものとは違うエネルギーを存分に浴びて有意義でクタクタになるイベントでした。

TechCrunch公式のまとめ

http://jp.techcrunch.com/tag/techcrunch-tokyo-2017/

いくつも得たものはあるのですが、いまの自分と一番かけ離れていて「もやもや」したのが、CASHという即時買い取りサービスのお話。開始後十数時間で買い取り過ぎてサービスが停止になったりととにかく話題に書かないサービスだったので知っている方も多いと思います。このCASHの光本さんに加え、最近のコマースの雄、メルカリ伊豫さんも別のアジェンダで登壇されたりとホットでした。

そしてなんといっても、驚いたのがその翌日には、同イベントでも話題にでていた、DMMが70億円でCASHを買収

そして、今日、メルカリも「メルカリNOW」という同様の即時買い取りサービスを開始

もう何だかわけがわかりません 汗

このスピードについていける気はまったくないのですが、とはいえ、ついて行きたくないところもあります。それは、

  • そもそも即金買い取り、とか、ネットの性善説を社会実験とか言っていますが、要するに少額の借金が簡単にできますよ、という弱みに付け込んだサービスで、結局は利用した人が長期的な視点で幸せになるとは思えない(信じられない)

という点です。

また、メルカリNOWは運営会社が買い取った商品をメルカリ上で販売するとのことですが、フリマ的にモノの売り買いを通じて、ひととひとをつなぐといったビジョンもこれでどうなるんだろうなと思うところもあり、、。

とはいえ、このスピード感を持って意思決定できる会社はホントにすごいなぁと思う、一方、ちょっとした寂しさ、虚しさも感じてしまったニュースでした。

輪行準備と、自転車用スマホホルダー #SP-Connect 購入

Contend SL1を購入後、いよいよ初輪行&ヒルクライム(?)を計画しています。事前に輪行パッキングの練習です。無事、同じ輪行バックでうまく収納できました。よしよし。


また、いままで使っていた自転車用のスマホホルダーが、ロードバイクになって手元のスペースが少なくなったしまった関係で使えなくなってしまったのです。先日、サイクルモード2017でいろいろ物色していたところ、SP-Connectというすごく良い感じのスマホホルダーを見つけました。接客をしていた方に英語で話しかけて、これは日本で買えるのか?と聞いてみたところ、いまは売っていないが数日たてばAmazonで買えるよ、と情報を得たので、チェックしていたところ、先日販売しているのを発見!早速、購入してつけてみました。いくつか無駄になること覚悟でマウント用のキットを買ったのですが、「ステム」につけられるマウントが一番シンプルで、すごくいい感じ!ちょっと高かったけどいい買い物したなと。パーツのケースやらライトやら、GoProマウントもあったりと、いろいろ拡張したくなりそうな予感です。




Google BigQueryは、分析関数とUDFを活用すると、いい感じの超並列計算機になるって記事を書きつつ思うこと

Google BigQueryは、分析関数とUDFを活用すると、いい感じの超並列計算機になるって記事をQiitaに書きました。

で、感じるのは、最近は、道具の進化がすごいなぁーということです。その道具への抵抗感がなく、ちょっとした「プログラミング」ができる、とか、gitでgithubを使ってコード管理したり利用するといった技術があれば、それらの道具を使って大分楽できたり、すごいことができる気がします。

これらを「技術」と呼んでもいいかもしれませんが、そんな仰々しい話ではなく、どちらかというとパソコンが一般に普及した際のエクセルが使えます、くらいの「スキル」といったニュアンスです。「スキル」は「訓練を通して獲得する」ものなので、頭で考えているだけでは無理で、いかに手を動かして慣れるかがポイントになります。

そういったスキル獲得のためには、ハンズオンで手を動かす時間を投資する必要があります。が、一方で、時間も有限な中、全方向に可能性が広がっている状況でどこに投資するかは、選ばないと時間がない、というのは悩み。ほんとに、いちいち自分の頭で考えないといけない時代なのですね😂(うれし涙)

そういえば、現金レスな旅でした

お仕事での出張だったのでやや特殊かもしれないが、振り返ると、今回のアメリカへの3泊の海外旅行では、日本円・現地通貨あわせて、現金をまったく使わなかったことに気づきました。

日本での交通はiPhoneの中のSuicaと前払いにクレジットカードのみ。自販機での飲み物もSuica。現地は(おごってもらったりしたのもありますが)、買い物や食事はすべてクレジットカード。お酒を買うのに、レストランとスーパーで「ID見せろ」とは言われちゃいましたが(笑)

ちなみに唯一、現金を見たのは、現地の同僚が会社の自販機でスナックを買ってくれた際に、クレジットカードの読み取り機の調子が悪く、1$札で支払っていときだけだけだなぁ。

そういえば、ホテルのベッドメイキングにチップを置こうか一瞬悩んだのですが、あまりに現金レスのため面倒くさくてやめちゃいました。まだ、メッドメイキングのチップ制度ってあったのかな? もし期待されていたらごめんなさい。

私にとって、残された現金の主な利用用途は、飲み会の割り勘だけですね。

決済インフラ入門
宿輪 純一
東洋経済新報社
2015-12-11

auのiPhone7のSIMロックを解除し、海外SIMを初体験

auのiPhoneは購入後101日以降、好きなタイミングでSIMロックを解除することができます。ウェブから自身で手続きすれば手数料もかかりませんし、その後、AUのSIMを使っている分には何もペナルティはないようです。いつか日本でも格安SIMを使うこともあるかとSIMロック解除してみたいなと思ったのですが、ちょうど海外に旅行に行く機会があったのでSIMロック解除し、海外SIMを使ってみることにしました。

SIMロック解除のお手続き

https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

このページから手続できました。手続後、再度確認すると「手続き中です」としかでてこないので、うまくできたか心配していた/どれくらい手続きに時間がかかるかわからなかったので、ちょうとサポートがチャットで受け付けていたので、使ってみました。電話で質問する気はなかなか起きないですが、チャットだったので気軽に聞く事ができ、知りたかったことも解決したので良かったです。

Image 2017-10-12 05-09-21

手続き後、15分程度あればロック解除できるそうです。ただし、解除されたかどうかを確認するにはSIMを入れかえてみるしかわからずちょっと不安は残ります。またチャットだからといって、現状すごく回答が速い、というわけではなさそうです。いずれボット化などしてどんどん良くなるんだろうな。

で、いよいよ海外SIMを海外で。


SIMはこれを購入しました。簡単ですが日本語の説明もついてきました。米国サンディエゴ空港に到着後、SIMを切り取り(手で簡単に外せます)入れ替えると、自動でActivateされたようで、SMSで連絡が届きました。がネットワークには繋がらない、、Activateができていないのかな?とちょこちょこいじってましたが、結局iPhoneを再起動すれば、普通につながるようになりました。あまりいじらずにSIMを入れ替えたら「もう一度再起動」でよさそうです。

Image 2017-10-12 05-15-15

その後は、通信速度なども含めてとても快適でした。7日間で500MBというプランでしたが、ホテルではWiFiももちろんありましたから、2-3日で250MBくらいになりそうです。GoogleMapsは行きそうな場所をDownloadしておいたのでそのあたりも節約できていたかもしれません。一番容量を食うのはSlackに画像を送信したやつでした。写真1枚で20MBとか笑 他のアプリはUpload時に適当なサイズに縮小されるよなのですが、Slackはそういうことはないみたいです。確かにSlackはオリジナルを上げたい場合もあるでしょうが、Uploadする際に、縮小するか聞いてくれてもいいかなとは思いました。

今回は出張でしたが、キャリアのローミングより大分オトクな海外SIMもReadyになったので、どしどしプライベートでも海外に遊びに来たいですー

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    twitter
    • ライブドアブログ