kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

www.flickr.com
kobakou's photos More of kobakou's photos

マイノリティーリポートを通じて見た未来図

Pokemon go ( Macで e を入力するには、Option-e + e, 同様にOption-u でウムラウト ) が日本でもリリースされたのとは関係はないですが、wowowで録画していたマイノリティーリポートを見たのでつれづれと。

原作は1956年で、2002年に映画化された、2054年の世界。

中でいろいろな未来が登場していたのでピックアップしてみました。

  • ジェスチャUIとAR
    • 映画で一番キャッチーだったのはこれですよね。空間に浮くディスプレイとジェスチャ。
    • ジェスチャUIとARは相性よいかもしれませんね。ガイドが出ている様子なんかはすごく良さそうでした
    • 光る指先で操作する様なんかはPlayStationのPS MoveとかPSVRとかでも似た感じになっていますね
    • あ、ARといえばPokemon goですね。
  • 虹彩認証とターゲッティング広告
    • これはもうすぐ? 街を歩いていると虹彩で個人を識別して語りかけてくるサイネージ広告。音声が混じらないかという不安もありますが、すごい指向性なのかもしれません。スマホを経由した形ではすぐに実現できてそうです。
  • 動画が再生される新聞
    • 新聞サイズに収まるというのはすごいですね。コトとしては、今のTwitterのFeedはこんな感じになっていますね。Feed上の見ているニュース記事が動き出している。
  • 空飛ぶ人
    • 空を飛ぶのが早いのか?って意味でちょっといいな感は低いものの、ドローンで空飛ぶ人もすぐに増えるでしょう。
    • これが一番社会をかえるかもしれませんね。自動運転。さらに車がバルコニーのようになりノリつけた外壁から家に入るというのはいいなと思いました。車という域を超え、完全に新しいモビリティであり、人が過ごす空間になっていましたね。これはすごかった。
  • スパイダーロボ
    • 一番まだまだ実現まで遠いかもと思ったのはこのロボかも。あのスムーズなメカはすごいなぁ。あんなのがうろうろしていたら怖いけど。
  • AI
    • いま振り返ると、予想外にでてこなかったのがAI? そもそもAIは目に見えるものでは無いのでバックエンドで動いていたのかもしれませんが。殺人犯罪を予知するprecogが、まずはAIになりそうですね。TVで犯罪発生をデータ分析で求めてそこをパトロール強化するというUSでの事例を見たと思います。

こうしてみると、2054年を待つことなく実用化されるくらいの、最近の技術の勢いを感じました。ちょうど今週、JAIPA Cloud Conference 2016があり、IoTとCPG(Cyber Physical System)というテーマの議論を聞いたところで、いろいろ妄想しています。

ところで、ブログ記事のアップは、金曜日がいいような気がしてきている今日このごろです。

map

Google AMP対応したら、月間1000万越えのニュースサイトの運用コストが40%も削減されたよ、と妄想してみた

14114390
Google AMP(Accelerated Mobile Pages)についてです。もともとAMP自体は聞いたことがありましたが、なぜか興味がわかず、ふーん、という感じでありました。そしてちょっとした気持ち悪さなんかもあった気がします。そんな折、mozaic.fm#22で、AMPについて語られていたのを聞いて、整理してみたくなったのでblogにしてみました。

AMPとは「HTMLサブセットで、記事など枝葉の「葉っぱ」のページを高速で表示するための仕組み by @ymotongpoo さん」です。

まず、もともとなんでAMPが気持ち悪いと感じていたのか?

  • なんで「いまさら」HTMLのサブセットが必要なの?
  • これってGoogleがPageをキャッシュするための仕組みで、これに対応しないとGoogle検索にでてこなくなるんじゃないの?
  • またもっといえば、GoogleがすべてのWebをクロール&キャッシュして、もう一つのWebを作ろうとしてんじゃないの?
ってところでした。

ただ、このPodcastを聞いてGoogleの方の話しているのを聞くとちょっと好感が持ててきました。そこで、自分なりに整理してみたいなと。

GoogleがAMPを作ったモチベーション

  • Webのコンテンツがリッチ化が進んでいる。見栄えのリッチ化に伴い、HTMLが実現したかった「セマンティック」的な要素がないがしろになりがち
  • 様々な端末で見やすい「レスポンシブ」という実装があるが、これは逆にPC/Mobileを一つの実装で賄うという、作り手目線。パフォーマンスも悪化
でも、AMPはあくまで、ユーザー目線
  • とにかく「いまできる」仕組みで、もっとWebページを早くしたい
パフォーマンスをケアした、Webのコンテンツ配信するためのFrameworkが、AMP
  • ここには従来からあるパフォーマンスをあげるためのBest Practiceが入っていて、「作法」に合わせて書いておけば最高のパフォーマンスになる
  • もちろんFrameworkなので、
    • 制約と自由度、得られる効果のバランスがある
    • (AdやAnalyticsについてもは対応する仕組みがはいっている)
    • →適用範囲(どこで使うか)は考えないといけない
      • Webサイト全体に適用というよりは、枝葉の葉のページを、コンポーネント化して記述するような導入イメージ
    • 制約に対しては、Custom tagで対応していくが
      • ここを握っているのはGoogle...
    • Androidでの成功をWebに持ち込み、MobileだけでなくWebもGoogleが牛耳るのか?!
さらにこんなAMPに対する懐疑的な思いを打ち砕くため、さらにGoogleは「えさ」を提示してきます。それが、
  • GoogleによるCDNキャッシュ
  • 検索ビリティ=SEO
    • Googleはユーザーにとって有益な、パフォーマンスの高いページを優先して結果として提示するよ、という体
  • ここが気持ち悪く、一番の批判のもとと思います。例:http://fukuyuki.net/post-704/
また、その対応方法が付け焼刃的で「最終解」ではなさそうなことに対しても、批判があると思います。なんでいまさら < amp-img > とか独自タグなの?

でも、これが実はここら全体が技術・ビジネス含めた、Googleのバランスの良さであり、まさにスモールスタートな考え方なのだと、このPodcastを聞いてたどりついた結論でした。

Googleも決してこれがベストでファイナルアンサーだとは思っていない。そんなことを議論しているくらいなら、対象となる部分からでも対応進めて、良い体験を提供すべきではないか、という考え方です。

きっと今後、このAMPでの「実験」にはより戻しもあり、そして、よりよい形でWeb標準にも取り込まれ、CDNなどの仕組みも含めたWebがさらによりよいエコシステムに成長していくんだろうなぁと想像しました。

いずれ近いうちに、「AMP対応したら、月間1000万越えのニュースサイトの運用コストが40%も削減されたよ」「ライブドアブログAMP対応で、全体のサイトアクセス数+30%向上」くらいの事例がでてもおかしくないかなと妄想しています。ただでGoogleがCDNを用意してくれているって、特にニュース系のサイトは利用しない手はないですよね。CMS使ってページ作っていれば対応自体はそれほど大したことなさそうですしね。

最後に、このAMPが事業者向けで、個人のWebユーザーにはちょっと遠い話なんだなと。それで、あんまり興味がわかなかったり、批判的だったりしたのかな、と気づきました。

Evernote の価格プランの改定は改悪じゃない。逆に期待を膨らませてみた

evernote

利用者の中では話題になっている Evernote の料金プラン改定に関してです。

Evernote の価格プランの改定について
http://blog.evernote.com/jp/2016/06/29/53395/

周りでも大きなインパクトがあったのは

  • 全体的に価格が1.5xほどになった
  • 無料プランに対して、同期できる端末が2台までとなった
ということころで、特に無料プランでは2台制限!というのが「もう使えない」という印象を与えたと思います。なにせ Access Anywhere が、Evernoteの一番のウリだったですから。

なぜ、今回の価格プラン改定に違和感があったのだろうかと考えてみました。 それは、クラウドで管理する自分のコンテンツをどこからでも見られる、というのは、そもそもInternetが始まったときからの便益であり、Internetが無料で提供してきた価値が有償である、というのが違和感の元なんだと思いました。

似たような端末数制限は、Netflix等でもやっていますが、これは商用コンテンツ視聴であり、非常に妥当な制限かと感じます。

さらに端末が増えることによってサービスの運用コストにインパクトがあるとは、少なくとも直感的には思えないため、さらに理不尽な気がするのだと思いました。

一方で、「無料で当たり前」と思われていたものに「価値付けして金を取る、取れる」というのは、強いビジネスモデルで、ここに成功したサービスは本当に強いはずです。はて、今回は受け入れられるでしょうか?

さらにビジネスモデルという視点で考えると、Evernoteがフリーミアムから、無料試用期間提供のモデルへの転換したのかなとも思えてきました。そう考えると当たり前なクラウド保管・どこからでも編集アクセス、に加えて、サービスに預けることによるより高い付加価値の提供を期待したいです。その点においてはEvernoteは、個人的にもまだまだやってほしいことが多いと思っています。具体的に例を挙げると、

  • エディタの進化、特にmarkdownでの編集
  • Webクリップしたコンテンツを利用したノートの編集(Webクリップしたノートは実質編集できない...)
  • 検索やオーガナイズの使いやすさ
収益に関しても、半年後とかに結果報告があるんだと思います。今後の機能進化も含めて楽しみですね! ちなみに、私は最近、写真を多く使うことがあったため、ノートの容量が足りず、Plus 12ヶ月プランを契約したところでした。安い価格で購入できてラッキー。

と、ここまではいいとして、、、Evernoteのアプリをいじって気づいたのですが、アプリのメニュー内に端末という項目があり、それを見るとログインして使ったことのあるアプリの一覧見えます。そこにはブラウザはリストされていません。ブラウザはノーカウント?! そこで、プレスをよーくみてみると

ベーシック版でノートを同期できる端末数は 2 台までとなります。例えば、1台のパソコンと1台のスマートフォン、2台のパソコン、あるいは1台のスマートフォンと1台のタブレット、加えて Web ブラウザで利用可能になるため、1 日通してノートを作成できます。
と書いてあるじゃないですか。。ブラウザでの利用は端末台数に含まれないことが明記されていました。

つまり、実質それほど実使用上のネガティブなインパクトはなさそうです。みなさんも自分の利用状況を確認してみてください。おそらく2台以上あったとしても、もう使っていない古い端末なんじゃないかと思います。

今回の料金プラン改定により、より健全に Taking Note に注力したサービス開発を進めてもらえるんじゃないかなぁと期待しています。また、この発表を機に、この界隈が活性化しそうなのにも期待。

Mac OS X でネットワークプロファイルをアクセスポイント名で自動切り替え

使用しているMacの環境は OS X El Capitan 10.11.5, Mac book Proです。

背景と課題

会社内のネットワークを使うにはProxyの設定が必要です。インフラ部門からは、Proxyの自動設定のためのファイル(?)が用意されていて、通常はこれを Automatic Proxy Configurationに設定しておけばいいのですが、どうもMac対応がうまく行っていないのかわかりませんが、手動でProxyを設定しないとうまくいかないことに多々遭遇していました。Macを自宅に持ち帰り利用する場合にはProxyを外す必要があり、このあたりの操作がメンドウだなぁと感じており、以下のように対応してみました。

Mac OS X のネットワークプロファイルを設定する

これを始める前はいちいち手でProxiesの設定をぽちぽち変更していたのですが、「Location」という設定があることに気づき、、これを使うことにしました。Locationに'Intra'を作成し、Intraには固定でProxyを設定するようにしました
NetworkPref

プロファイル切り替えをスクリプト化する

これで従来よりは簡単にネットワーク設定を切り替えられるようになりましたが、案外、この切替までのメニュー操作が深くてメンドウなんです。なんとかならんかなと、スクリプト化してみました。

現在つながっているSSIDの名前を調べて、それに応じて設定したネットワークプロファイルを切り替えます。切り替えには `scselect` というコマンドを使っています。試しにterminalで`scselect`を実行してみれば動きがわかると思います。

#!/bin/bash

# set AccessPoint uniqe name for switch profile.
appname=Buffalo

if [ "`networksetup -getairportnetwork  en0  | awk '{print $4}'`" = "$appname" ]; then
    scselect Intra
else
    scselect Automatic
fi
こちらは gits にもおいておきました。appname の部分をIntraで使っているSSIDに変更してください。

Sleep解除でスクリプトを自動実行して、自動設定変更

こうなると、Sleepからの解除等をトリガにこのスクリプトを動かして自動設定して欲しいですよね。いろいろ探してみたのですがなかなかお手軽な方法が見つからないのですが、最終的には Sleepwatcher が比較的容易に使えそうとわかりました。(他にももっと楽な方法があれば教えて下さい!)Readme.rtfの手順にしたがって SleepWatcherをインストールして上記のスクリプトを実行するように設定!

SleepWatcherの導入手順はこの記事が参考になりました。ざっとログを貼ると、

$ sudo cp ~/Desktop/sleepwatcher_2.2/sleepwatcher /usr/local/sbin
$ sudo cp ~/Desktop/sleepwatcher_2.2/sleepwatcher.8 /usr/local/share/man/man8

$ cp ~/Downloads/sleepwatcher_2.2/config/de.bernhard-baehr.sleepwatcher-20compatibility-localuser.plist ~/Library/LaunchAgents/
$ launchctl  load ~/Library/LaunchAgents/de.bernhard-baehr.sleepwatcher-20compatibility-localuser.plist
$ launchctl list | grep sleepwatcher
先ほどのスクリプトを.wakeupで呼べるようにしておく
$ ln -s ~/Documents/tools/check-n-select-netprof.sh ./wakeup
これでうまくいきました(^^)

しかし、こういうのを書くにはQiita(というよりMarkdown)がいいですね。試しにQiitaにも上げてみました。なにげに、Qiita初投稿です!

Trelloを、旅行の計画に使ってとても良かった

Trelloというツールをご存知でしょうか? カンバンを模したワークスペース上でタスクを管理するようなツールです。ソフトウェア開発者の現場では人気のあるツールのようで、最近、このUIを模したツールをMicrosoftがOfficeスイーツとしてリリースするということでちょっとニュースになっていました。

以下、参考記事など。

今回はこのTrelloを、旅行の計画に使ってとても良かった、という話です。

上記のリンクを見てもらうとわかりますが、Trelloではプロジェクトごとにボードを作成。そのボードにリストを作り、カードを配置します。カード単位で情報を管理、リストを使ってカードの状態を示せるような使い方です。示したいカードの状態に応じてリストはいくつでも作れます。特に私が気に入っている点は、すべてが基本的にボードごとに一つのビューで見渡せる点です。カードに画像を載せておけば、カード一覧でその画像がCoverとして使われるため、ビジュアル的にも、さらに見通しは良くなります。カードが増えてくるとスクロールなどが必要になってしまいますので、逆に、見通せなくなるくらい情報を増やしてはいけないということになります。

この管理方法が実は、旅行の計画にとてもしっくり来たのです。

旅行も日程は限られており、1日1日にやれることも限界がありますので、予定は取捨選択が必要です。といっても予定は未定、どうやってその計画を立てられるかがポイントです。Trelloを使うと、「取捨選択=状態や日程の変更」を、とても簡単なUIで、かつ気持ち良くできる点がすばらしいです。旅行前・旅程の具体化・旅行中・旅行後とフェーズを分けて説明します。

旅行前

大体行く場所・行きたい場所が決まった時点で「ボード」を作ります。

preparing_boards

この時点ではリストはデフォルトのまま「ToDo」「Doing」「Done」でいいでしょう。私は今回は旅行に向けて予習したい「予習映画、本」というのも作りました。そしてひたすらまずは気になったことを「ToDo」につっこんでいきます。旅行に向けてガイドブック買うとか、チケット取るとかもいいですし、旅行先にまつわる情報のあったウェブページなどもよいでしょう。

creating_lists

旅行計画中

日程が決まるころには、ある程度ToDoもたまり、また一部はDoneしているでしょう。いよいよ、旅行ならでは、のところですが、旅行日程にあわせて1日ずつリストを作りましょう。5月1日、5月2日、という具合です。またHotelなどは到着時などすぐに探せるように別のリストでもよいかもしれません。

planning_travel

この日付ごとにリストに行きたい場所をカードとして登録していきます。詳細の日程が決まっていなくても大丈夫です。カードは簡単に移動できますので予定はすぐに組みなおすことができます。カードの中身の情報はより詳細にしていくこともできますが、特にポイントなのはその場所の写真などをGoogle検索等で探してCoverに設定しておくことです。ビジュアルで行きたい場所が見えるので気分がアガりますし、何よりわかりやすいです。そして予習(イメージトレーニング)にもなります。朝から夕方までリスト内でカードの順番を調整しながら、まわるルートを考えるといいでしょう。本当にこんなに回れるかなと気づいたり、この日にはいけないので、別に日のここにもっていこう、と簡単に気持ち良く調整ができます。

計画が具体化していくと、本当は行きたいが行けそうもないカードもでてくると思います。そんなときには「その他行きたいところ」といったリストを作ってそこに回しておきましょう。現地で予定よりも時間ができて、行けるかもしれません。

旅行中

あとはエンジョイするだけです。リストはあくまで目安ですから、予定通りいかなくても心配することはありません。その場で簡単に順番を入れ替えたり、リストを移動させることで計画はすぐに変更することができます。残念ながらTrelloはオフラインには対応していません。海外旅行の際にはデータ通信の確保が必要です。各キャリアローミングサービスもやっていますが、最近は、モバイルWiFiのレンタルも1000円/日くらいで割安ですし、そしてバッテリーも1日くらいは持つようなので、海外旅行の際には是非レンタルしていきましょう。私はもちろん予備のモバイルバッテリは持っていきました。


旅行後

遠足じゃないですが、旅行は最後振り返えるまでが大切です。旅行から帰ってもTrelloと、撮った写真やビデオを見ながら、旅行を追体験しましょう。予定が変わったところがあれば、カードを正しくしておきましょう。また、もしかしたらToDoや予習すべきカードが残っているかもしれません。ぜひ復習してください。旅行はより価値のあるものになるはずです。

ということで、旅行xTrelloの紹介でした。また行きたくなりますねー まずはなんてボードを作ろうかなぁ

新自宅PCにWindows10導入。ドスパラ通販は楽天カード利用注意!

自宅のノートPCにトラブルがあり、まともに使えなくなってしまったので、予定外でしたが、パソコンを新調することになりました。会社のノートPCがあるので、自宅PCはコストパフォーマンス・作業パフォーマンスの良いデスクトップPCにすることに。撮影したビデオの編集なんかもやりたいですしね。

最近は思い入れのあるデスクトップPC/メーカーもないので、自作PCのBTOにすることにして、ドスパラ通販を選んだのですが、これが困ったことに。商品を選んでクレジットカードで決済しようとすると、何やらエラーが.. auth とか 3d とかエラーメッセージがでています。おかしいなぁと思いつつも、仕方なく、カード利用のポイントがを惜しみながらも、銀行振り込みで決済を済ませました。ところが次の日、楽天カードから怪しげなメールが...

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【重要】楽天カードから緊急のご連絡        2016年5月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日頃より楽天カードをご愛顧賜り誠にありがとうございます。

楽天カードでは、会員皆さまのカードご利用内容について、
第三者による不正利用が発生していないかどうかの
モニタリングを行っております。

本メールは、現在お客様がお持ちのクレジットカードのご利用内容について、
第三者により不正利用された可能性が高いと、弊社の不正利用検知システムにより
判断いたしましたので、緊急でお送りさせていただいております。

ん?なんと、、、ドスパラでの利用が不正利用と検知されてしまいました(涙) Googleで検索してみると、確かに同様の報告が?! 楽天カードxドスパラ通販の組み合わせが問題だったようです。さっそくカード窓口に折り返し電話をして確認することで比較的スムーズにカード停止の解除手続きができましたが、これはびっくりしました。しかしドスパラさんも認識しているだろうに、何とかしてほしい。おそらくPC関連商品は高額な上に転売も比較的ポピュラーなために、こういうことになっている模様です。ドスパラで購入の際にはお気をつけを。

ついでといっては何ですが、Windows10はいいですね。Windows7からも非常にスムースに乗り換えできていますし、そのほかパフォーマンスや使い勝手の部分でも悪くないです。最近のMicrosoftは一周回って頑張っている感が高いですね。

ちなみに、一つ大きな誤算は動画編集に使っていたEdius ExpressがWindows10には対応していなかったこと!! これは痛かったですが、まぁリーズナブルだったので諦めます。何かリーズナブルなWindows10用の動画編集ソフト、お勧めがございましたら教えて下さい。ちなみに購入したPCの主なスペックはこんな感じです。迷うのも面倒だったので大人買い?

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:インテル Core i7-6700 (クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
  • グラフィック:NVIDIA GeForce GTX750 Ti 2GB
  • メモリ:32GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/4GBx2/デュアルチャネル)
  • ハードディスク:【SATA3】 1TB HDD (SATA6Gb/s対応)
  • SSD:240GB SSD
  • マザーボード:インテル H110 チップセット マイクロATXマザーボード


自宅でのPC作業は主に写真管理などで、待ち時間で地味に時間をとっていたので、いいチャンスだったかもしれません。とても快適になりました。もっと快適なキーボードとか欲しくなっちゃうんだろうなぁー

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Photoback
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    twitter
    • ライブドアブログ