kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

www.flickr.com
kobakou's photos More of kobakou's photos

Moves + Moves Export の連携で思わぬベネフィットが?!

Movesから情報を取り出して写真に位置情報をつけるために、MovesとMoves Exportを連携させたわけですが、ちょっとした思わぬベネフィットがありました。

このチャートを見てみてください。

Moves Export - Your Storylines Visualized


どの場所にどれくらいいたかが、ひと目で、表形式で見れたりするのですね!Nameの部分には、Movesで名前を登録している場所であればそれが表示されますし、リンクに飛べば緯度経度からGoogleMapsが出てくるので、名前を登録していない Unknown でも、「あぁ、あそこの飲み屋か」、とわかります。

なかなか振り返りには面白いじゃないですか。是非 Moves Exports と連携された方は、管理画面も見てみてください。それにしても、かなりプライベートな情報、、、何かの拍子でこのデータを狙われたら大変なこととになりそうだw

GPSログ+写真へのGeoTag付け環境の再構築 ( iPhone + Moves + Moves Export + gpsvisualizer )

GPS-CS1K購入以降、写真への位置情報タグ(GeoTag)づけの良さを知ってしまっているのですが、とはいえ、今の時代に、専用のGPSロガーを持ち歩く、というのは、特に旅では、交換用の電池の用意など考えてもエコじゃないし、少しでも持ち物を減らしたいからちょっといやですよね。できれば、常に持ち歩いているスマホひとつで済ませたいというのが心情ですよね。

ということで、スマホでログした位置情報をデジカメ写真に付ける方法を見直してみました。デジカメ写真にGeoTagをつけたいという要望は多くのヒトが持っているため様々なソリューションが提案されていますが、一方で、私はソニーの、PlayMemories Home+GPS ImageTrackerで経路情報を管理していましたので、できればそのままGPS ImageTrackerで読み込みたい、と思ってしまいます。

そんななか最近、PCを買い替えた為に、以前整備した方法が使えなくなってしまったため、新たに構築したのが以下のフローです。(しょっちゅうこんなことになっている気がする)

ログの取得とタグ付けまでのフロー

  1. スマホ(私はiPhone)のアプリ、Moves でアカウントを作成しておく
  2. Moves Exportと連携しておく(厳密にはMovesから直接データのDownloadは可能だが、指定日付のみ、といったことができないため、このAppを利用します)
  3. iPhone + Moves でログを取る(これは基本常にONしているので旅行限定とかいうわけではない)
  4. Moves Exportで該当日の位置情報ログをGPX形式で取得する
  5. GPS Visualizerが提供しているWebサービス(http://www.gpsvisualizer.com/gpsbabel/)を使って、GPX形式のログをNMEA0183形式に変換する。設定値は以下でOKです。(Track, GPX→NMEA0283)
  6. 変換できたNMEA0183形式ログをGPS ImageTrackerで読み込めるように変換する(*後述)
  7. できたログをGPS ImageTrackerに読み込んで、GeoTagを写真につける

conert

Sony GPS ImageTrackerで読み込むための作業

NMEA0183ログを、SonyのGPSログ形式に変換していますが、ここはひとクセありまして、でてきた素のNMEA形式のログが

$GPRMC,235856.000,V,3541.999,N,13946.408,E,0.00,0.00,160916,,*1D
$GPGGA,235856.000,3541.999,N,13946.408,E,0,00,0.0,0.000,M,0.0,M,,*6D
$GPRMC,235916.000,V,3542.007,N,13946.409,E,0.00,0.00,160916,,*14
$GPGGA,235916.000,3542.007,N,13946.409,E,0,00,0.0,0.000,M,0.0,M,,*64

となっているのですが、GPS ImageTrackerで読み込むには2点問題があったようなのです。(あくまでログを見比べての推測)

  • 1行目に"@Sonygps/ver1.0/wgs-84"が必要
  • $GPRMC,$GPGGAとペアで、$GPVTGが必要

が怪しい。と、いうことで、簡単なスクリプトを書いて、1行目に "@Sony..." を追加、そして、2行おきに"$GPVTG,0.000,T,,M,0.000,N,0.000,K*60"というダミーのVTG情報を書き込むようにしました。VTGは速度の情報のようなのですが、写真の位置情報には不要なので、問題ないでしょう。これで上記を以下のようにすることで、無事読み込むことができました。

@Sonygps/ver1.0/wgs-84
$GPRMC,235856.000,V,3541.999,N,13946.408,E,0.00,0.00,160916,,*1D
$GPGGA,235856.000,3541.999,N,13946.408,E,0,00,0.0,0.000,M,0.0,M,,*6D
$GPVTG,0.000,T,,M,0.000,N,0.000,K*60
$GPRMC,235916.000,V,3542.007,N,13946.409,E,0.00,0.00,160916,,*14
$GPGGA,235916.000,3542.007,N,13946.409,E,0,00,0.0,0.000,M,0.0,M,,*64
$GPVTG,0.000,T,,M,0.000,N,0.000,K*60

なおスクリプトはgolangを使って書きクロスコンパイルすることで、Windows環境でも動くバイナリを簡単に作ることができました。

$ brew install go --cross-compile-all
$ GOOS=windows GOARCH=amd64 go build hello.go 

とオプションをつけてBuildするだけで、Windows用の実行ファイル hello.exe を作ってくれます。うーん。便利!参考にソースは最後に、できたバイナリはこちらにおいておきます。引数で変換したいファイルを指定すると、同じ名前の.logというファイルを作成します。

写真に位置情報がついていると、旅を振り返るのが、より楽しくなりますね。(^^)

NMEAのフォーマットも大したことなさそうなので、より簡単にするためには、日付指定で直接 Moves から APIを使って自分でダウンロードして、SonyGPS形式で出力できるようなものにしたいのですが、、またいずれ。

手軽なiPhone用自転車マウント finn を購入

自転車ハンドルにスマホ/iPhoneをマウントしたいですよね。実は以前しっかり固定するものを購入していたのですが、マウント部分の取り付けや取り外しが面倒そうで躊躇していました。そんな中、とても簡単なシリコンバンド型のマウントを見つけたのでさっそく購入してみました。シリコンバンドがヘタって切れたりすることがないかちょっと不安ではありますが、手軽にいい感じに固定できそうです。

次のサイクリングが楽しみですー

ちなみに bikecitizens.net という自転車向けのナビサービスが、この商品を出しているんですね。面白いな。


お風呂でリラックスするLED電球

風呂場の明かりって困りますよね。案外眩しい。かと言って、お掃除するときなんかは暗いといや。ムーディーにティーライトなんかを灯しても良いのですが、流石にメンドウ。そんなか、パナソニックさんから昼光色(白)と電球色(オレンジ)の2色切り替えが可能なLED電球が発売されていました。パッケージにもお風呂にオススメと書かれています。わかっているなぁーさらにこの電球のすごいところは特別な設備は必要なく、電灯のスイッチをON/OFFをうまく操作してあげることで色が変わるようになっているのです。いやぁ、アイデアだなー

で、早速購入してつけてました。印象は、2色切り替えイイ! でも、もう少し電球色は暗くても良かったなぁ。結構強めの西日の夕日ってくらいのオレンジです笑 電灯の傘にタオルをかけることで光量調整して対応してみています。

LED電球になって、寿命や省エネだけでなく、機能や付加価値がつく、ってのはいいですね。



HOUSE VISON 2は、新たな住まいをいろいろ妄想したくなる展示会でした

HOUSE VISION 2という展示会を見てきました。(最終日でしたので、既に会期は終わってしまっています)「HOUSE」とついていますし、住宅が展示されているので、「住宅の展示会」かと思ったのですが、実は違って、すべての人が身近に関わる「住まい」という空間設計を通じて、新しい「生活」を想像してみよう、というようなコンセプトの展示会でした。

http://house-vision.jp/about/

HOUSE VISIONとは、日本人の暮らし方を具体的に提示するためにつくられた情報発信と研究のプラットフォームです。研究会、シンポジウム、書籍、展覧会などさまざまな方法で、住まいの「新しい常識」を発信し、議論を交わしていきたいと思います。

お台場Zeppなどがある青海の空き地を使って野外展示(?)された、12のHOUSE。玉石混交というか、おおーっと思うものから、えっ?!っと思うものまで、いろいろありました。周りの人がやたら感じ入っているようだが、自分ではまったくピンと来ないものもありましたから、このあたりの幅の広さ、も「住まい」ならではなのかもしれません。また作品は、企業がデザイナとコラボする形で創作されているのですが、こういった場で「VISION」を描き、そして具現化できるのは素晴らしいなぁと再認識しました。

また、毎日トークイベントが開催されているようで、見に行った最終日にやっていた隈研吾さんとトヨタの方のトークを少しだけ覗きました。PHV(プラグインハイブリッド車)について、トヨタの方が語っていた、「PHVは、車を「人間の移動手段」から、「くらしの移動手段」に変える」というコンセプトはなるほどおもしろいなと感じました。アウトドア体験するなら、多少の不自由も面白さのうちだ、なんて気持ちもありましたが、あえて自然あふれる場所に移動し、そこでPHVの電気を使って、都会と同じくらいの利便性を実現したくらしを体験する。もちろん決してただ電気を浪費するとかいう意味ではなく、贅沢だし、面白いなと思いました。

どうしても「住まい」を変えるのは大変ではありますが、小さなところからでも見なおして、もしくはチャレンジしていけたら、人生が豊かになるかもなぁと感じさせられる展示会でした。


アウトドアで、ソニーのグラススピーカで音楽を楽しむ、なんてこともやっておりました。贅沢っ!!


プラマイゼロの扇風機 XQS-W510 のリモコンはなんと赤外線ではありませんでした

タイトルからネタバレですが、ご容赦を。

夏の間とても重宝しているプラマイゼロのDC扇風機。音が静かで、穏やかに涼を運んでくれます。普段は付属のリモコンは使っていなかったのですが、HUIS買ったし登録してリモート操作だ!! と勇んで切れていた電池も交換したのですが…あれれ、赤外線じゃないじゃん!!


残念ながらHUISから操作はできませんでした 涙


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Photoback
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    twitter
    • ライブドアブログ