kobblog@livedoor

酒とライブな日々(?)って感じの日記でしょうか。

www.flickr.com
kobakou's photos More of kobakou's photos

タクシー配車アプリにみる「イノベーション」と「エコシステム」

今回のLA旅行はレンタカーを借りなかったので移動は基本的にはUber/lyftなどタクシーを使うことになりました。個人的にlyftの方が好きだったので優先的にlyftを使いましたが、なんとなくの印象では(もちろんたまたまだと思いますが) lyftの方が車もドライバーも良かった気がします。

それにしても、とにかく、アメリカは広い!! NYCのマンハッタンは東京と似た密集した都市で、地下鉄もあったので、あまりそうは感じかなかったが、カリフォルニアはほんと広い!隣の建物が見えているのに、いざ行こうとすると、遠い。。。車なしで隣の建物に行くのも辛いー

そんな広さの土地で、タクシー配車アプリは恐ろしく便利で、これがなかった時代には二度と戻れないと思います。(東京の土地事情とはまた違うのでしょうが)

  • いつまで待てば良いか分からないタクシー寄せでの待ち行列. そもそも流しや寄せはないので、ホテルでしか呼べない
  • タクシーに乗れた後も、行き先が伝わるだろうか.. もちろん紙の地図やホテルのカードなども併用したシビアなコミュニケーション
  • 動き始めたのちも、目的地に正しく向かっているか、タクシーメーターは正常に稼働しているかと、ひやひやしながら、後部座席から運転席や周囲を伺う
  • 目的地の景色が見えてきてほっとしつつも、さらにチップをいくら払えばいいのか、足りなくて気分を害さないだろうか、払いすぎて損していないか、そして慣れない通貨で現金は正しく選べるだろうか、、、

と。。こんな体験が一変し、まったくのストレスフリーになった。配車アプリなら迎車時間、到着時間、価格がクリアにシンプルにわかり、目的地の指定も確実。電子決裁で明朗会計。さらに、マッチングされたドライバーの顔写真をみて、どんなバックグラウンドの人なのか思いをよせたり、車内で雑談する余裕すら生まれた。本当にイノベーションだと思う。ちなみにロサンゼルスの空港のタクシー乗り場の案内は「Ride App Pickup」となって、アイコンもアプリっぽいものになっていました。いわゆるYellow Capはごく数台見つけた程度で、99%が Uber/Lyft でした。

イノベーションは、さらに世の中に影響を与えるものらしい。例えば、

  • 後部座席にクーラーボックスに冷やしたお水
  • スマホ向けの充電ケーブル
  • Uber eatの労働組合なんてのもありました
  • VueBoxなる車内広告システムも今回見かけました。ドライバは無料でこのシステムを入れて、車内で広告等を提供し、一部報酬をもらえるらしい

これらはすべてサービス提供側が仕掛けて起きたこと、というよりは、関係者のなかで自然発生的に起きており、またそういった動きを寛容にとりこむ、懐の広さなんかもあるんだとおもう。もちろん、利用者からのレイティングの仕組みなんかは、こういぅた創意工夫をサポートする仕組みに違いない。

US出張ついでに、 #JUMP (乗り捨て型 レンタル e-bike) を初体験

USロサンジェルス周辺に出張に行ったのですが、圧倒的に e-スクータ(電動キックボード) が街中にありました。特に観光地周辺はすごい。これは自転車好き(新しもの好き)としては体験せざるを得ない!ということで、早起きして試してみました。

こんな感じで、ずらりと。自転車も混じっているのですが、圧倒的にe-スクータが多いのは、スペースの効率がいいからでしょうか?

で、 e-スクータ 乗ってみようと LIME に登録してレンタル開始しようとしたのですが、、なんと、免許証が必要?(涙)LIME以外も Lyftや他社もありましたが、きっと法規制の問題で同様でしょう。。

ならば、自転車タイプなら免許はいらないだろう、ということで、街なかで見かけたJUMPにTryすることにしました。

JUMPは、自転車タイプとe-スクータタイプの両方があります。自転車でも NY で利用した citibike は自転車置場スペースに戻すタイプでしたが、 こちらは「乗り捨て」タイプ。自転車の車体は蛍光オレンジでとても目立つ車体で、eスクータに混じっているのが見つかりました。さらに、たまたまUberのアプリをいじっていて気づいたのですが、何より楽ちんだったのは、Uberのアプリから利用できる点です。新たなサービスを使おうとするとアカウント作ったり、Wallet登録したり、といろいろメンドウがありますが、昨今USでは必須のUberから利用できるのはすばらしいかった。e-スクータにはlyftのものも多く見かけたのですが、タクシー用のlyftのアプリからは利用できなさそうでした。ここは統合すると大分違うんじゃないかと思うのですが。。なんでかな。(統合されると MaaS っていうのかな 笑)

JUMPはこんな目立つ車体カラー

こんな感じで右下に自転車・キックボードのアイコンがでていてタップすると、JUMPモードになる(スクショ取り忘れたのでこれは日本の地図になっています.. しばらくしたら 自転車・キックボードのアイコン は出てこなくなりました)

借り方はとてもシンプルで、上記のUberアプリから予約ができ、QRコードスキャンして借り始めればOK。iPhoneのカメラアプリからでも、QRコードを撮影すると、Uberアプリにそのまま誘導されたりもしました。

自転車の「ロック」が後輪に「U字」で刺さっているのですが、見慣れないのではじめ一瞬戸惑いました。レンタル開始してアプリでロックを開始したのち、このU字をぐっと、引き抜く方向に動かすと、ロックがハズれて、レンタル開始。利用がおわって適当な場所に止めてからここをぐっと押し込むと、返却完了、ということになりました。

土地も道も広いのでぐんぐん飛ばせる。電動アシストの具合も日本よりパワフルで、30km/hくらいは余裕ででていました。

そんなわけで、風を切りながら気分良く、早朝のビーチに到着!

最後、返す際に戸惑ったのが、どうも駐車禁止スペースというのが設定されているようで、初め海岸の近くの駐輪場(道端)までいって止めたら、ここは駐車禁止区間だからそのまま止めると罰金だぞ、と出てきたので、少し戻ってなんとか返却できました。よく地図を見ると、赤枠で駐車禁止ゾーンが表示されていました。なるほど。(あきらかに赤枠内に停めているJUMPも多かったですが...)

サーファーの皆さんが波乗りしているのや、波間に犬と戯れるおじさんを眺めて「ぼーっ」と小一時間ゆっくりできました。砂浜がめちゃくちゃ細かくて、さらさらで、びっくりしました。

最後、意外だったのが、値段。自転車だからちょっと安めの価格設定なのかなと勝手に想像していたのですが、JUMP(自転車)が $6.9 で、同じルートを Lyftで検索すると $5.9。 eスクータだったらもう少し安いのかなぁ。自転車は街を眺めながら自由に移動できるからいいのですが、2名以上だったら、確実にタクシーがいいじゃん、ってなる価格設定でした。どうなのかしら。思ったよりも高くて悔しかったので、帰りは歩いて帰りました(笑)

そんなで、乗り捨てタイプのレンタル自転車 JUMP の初体験でした。少なくとも自転車に関して言えば乗り捨てタイプと所定の場所に返すラックタイプ、どちらかがとても良いという感じではなく、個人的にはラックタイプが街の景観なんかも含めていいんじゃないかと思いました。

(2019/07月版) 思考のインプット/整理/アウトプット

時々振り返りたくなる「思考のインプット/整理/アウトプット」ワークフロー。先日、会社の飲み会でちょっとこういったライフハック的なネタで盛り上がったのでブログも更新しておくことにしました。

前回まとめたところから差分に注目して説明します。

チャートの分類をちょっと変えました。入り口のところ、どのようなきっかけで思考のタネをインプットするかというところで「チャネル」と、そのチャネルから流れてくる情報を取り入れるための「メディア」に分類してみました。というのも、従来は比較的情報はフラットでなんでも「ブラウザ」で見ていた気がするのですが、最近は読むメディアが「アプリ」になり、「サービス依存」が高まったような気がします。特にMediumは結構好きでして、登録した興味のニュースレターからMediumの記事を読むというのが増えました。(ただ、Mediumは無料のままでログイン状態だと月に数本(?)しか読むことができず、、逆にログアウトすると読めるという謎な仕様が気になります)

チャネル

「チェネル」では、家族でSlackをはじめした。奥さんによって絶妙にパーソナライズされて、多様な(自分が普段見ない)情報が飛び込んでくるので重要です。

メディア

「メディア」では図書館や本をあえて書いてみました。もちろん前から利用はしていましたが、なんとなくですが、ネットの情報の価値が薄まっている気がして、、やっぱり本で読むのは濃いなぁと再認識しています。最近、職場の近くに新しく図書館もできこともあり、更にネットでの予約を活用して、図書館を利用しています。

オーガナイズ

「オーガナイズ」は役割はあまり変えず、TyporaとDyanalistに乗り換えました。Workflowyは良かったのですが、無料だと更新数の制限があり、更新ができなくなった月があったのをきっかけにDynalistに変えてみました。Dynalistの方が積極的に機能開発が行われているようなので、今後の期待です。高機能なのはいいですが、ややアプリがもっさりすることがあるのが気になっています。Typoraはすごくいいです。こちらの記事をご確認くださいませ。

ストック

「ストック」は、振り返ってみると、なかなか変わりませんね。改めてストックの強さ・重要さに気づきます。Notionなどいくつか試してみたりもするのですが、Evernoteの懐深さは素晴らしく、結局乗り換え切れず、、です。こうなったら、Evernoteには、検索の改善、エディタの改善など、もっともっとがんばってほしいー

その他

todoist / togglは 思考の〜とはちょっと離れますが、日々のタスク管理に使っています。いまでは、習慣化して、毎日(そして何度も)使うサービスの一つになりました。tooglの集計機能は週・月単位くらいで振り返ることができて、重宝しています。

過去リンク

Markdownエディタを、 #Boostnote から #Typora に変えてみた

はい。Boostnote好きでした。画面やフォント、アプリがキレイでなんとも使い心地のよいMarkdownエディタでした。また開発者が日本人でかつSNSなどで活発に情報発信もされているいい感じのOSSプロジェクトなため、その点応援したい、というのもありました。ただ、唯一自分の運用にしっくり来なかったのが、BoostnoteはEvernoteのように、Boostnoteの中にデータを管理していく構造になっている点。それはそれで、Boostnoteを開けば過去のノートもそこにありアクセスできるからいいのですが、使っている中、自分が使いたいのはスタンドアロンのMarkdownエディタだと気づきました。Markdown自体の管理はFinderでいいと。Markdown以外のファイルもフォルダで管理しているので、 「.md」 もそれらファイルと一緒にフォルダ管理しておきたかったのです。もちろん、チームメンバと共有フォルダやGithubなんかで共有されている、Markdownのファイルを開きたいというケースも少なくありません。

そんな中、ほかをエディタを試していた中、一番しっくり来たのが Typora でした。Typoraは単なるMarkdownエディタなので、.md ファイルをこれを使って開く・編集するといった位置付けでした。うん。これはいい。かつ、Macを使っていた場合(?)テンポラリのファイルなんかもどこかにいい感じに保存されていて、例えば再起動したりしても、途中状態から再開可能です。ですので、思い立ったらTyporaでMarkdownでメモを始め、ある程度書き終えた固まった時点で、フォルダを決めて保存する、というようなことがすごくシンプルに運用できています。

アプリに見た目・使い勝手としても、Boostnote同様に美しく、また、特に、Markdownモードとソースモードがいい感じで、 「Cmd+/」 で切り替えられる操作性は、Boostnoteよりも(言葉でうまく説明できないと思いますが、、)とても書き心地が良いです。

そんなわけで、自分のメモの管理運用方法も踏まえ、 BoostnoteからTyporaに乗り換えてみています〜 Mac/Winも両対応しているのでみなさんにオススメできます!


スペイン旅行でのお食事事情

スペインといえば料理美味しそうですよね。私も、バルとかピンチョスとか楽しみにしてました。が、今回の旅行では期待よりは残念だったかも。というのも、一番の敗因は、旅行のスケジュールが過密でゆったり食事を楽しむ時間が少なかったということかもしれません。

そんな中も感じたところとしては、ランチはサンドイッチが多い=フランスパンにイベリコ豚のハム挟んだだけとか。。そして、夜は、とにかく酒のつまみが豊富!本当はバルとか楽しみたかったのですが、昼間歩き回った疲れでホテルで飲みながら息絶えたりしておりました。スペインのお土産には実は缶詰も良い、という話も聞きました。

そんな中でもぜひ外せなかったのは、「ボケリア市場(サン・ジョセップ市場)」。とても有名なバルセロナの食料市場ですが、完全に観光地化しており、食べ歩き、飲み歩きができます。観光地メインのランブラス通りにも面しています。日本の露天はおつまみを買うところで飲み物も売っているのですが、なぜかあまり売っていないので、行く際にはぜひビールやワインを持参するとお得に、飲み歩きが堪能できるかと思います。

市場の入り口

カウンターがあってイートインもできる店もあります

生ハム・フルーツ・お惣菜・おつまみ がこれでもかと!

最終日、ボケリア市場に行く前、ホテルに余ったビールを置いてきてしまったのが悔やまれるーー

今回のスペイン旅行で実感したのは、といってもマドリッドとバルセロナだけではありまますが、スペインも、とにかく地方色が豊かということ。スペインのグルメ(?)といえば、最近は特に、バスク地方が有名なようなので、ぜひともバスクにも行ってみたいです。


#kyash のリアルカードを発行 割り勘精算以外にも活用しよう

Kyashと楽天ペイの組み合わせで還元率3.5%!

なんて記事を見かけて、 Kyash を「割り勘精算」以外にも使ってみようと思い立ちました。よりがつがつ使うにはリアルカードを発行して、iPhone の Walletに入れて置こうかなと思いました。先日、リアルカードが届いたので、早速 Walletに登録しようとしたら、、、あれ?できない。Kyashに問い合わせたところなんと、Walletには入らないとのこと。。GooglePayには登録できるようなのですが、、残念。

クレジットカードをたくさん持ち歩くのはもういやなので、さて、と思っていたところで、再度この記事を読み返すと、、そうか Kyash 経由で 別の電子マネー(*pay)に入金してもいいのか。。

なんだか、マネーロンダリングしているような、不思議な気分になりますが、、試してみよう。早速インターネット通販で Kyash のクレジットカードを使ってみました。どういうタイミングで2%還元されるのかな。

リアル店舗での支払いは案外「楽天Pay」が便利ともわかったので、この記事のフローも試してみようかしら?同じ楽天のサービスで、楽天クレジットカード→Kyash→楽天Payと、いかにも不思議なことになりそうです(笑)

Kyashは「日本のユニコーンを探せ!」なんて特集にも載っているようですね。がんばれ〜


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    Recent Comments
    Recent Trackbacks
    twitter
    • ライブドアブログ